特色ある教育

    My Career

    教育学部内定者座談会企画 夢をかなえた合格者・内定者の声

    関西国際大学で、教職・福祉・一般企業問わず、 志望を勝ち取る力が身につきました。

    関西国際大学の教育学部では、幼児教育、初等教育、特別支援教育などで活躍できる教職員や福祉施設の職員、また英語力を活かしてグローバルに活躍できる人材の養成など、多様なフィールドで活躍できる人材の養成に努めています。今回は、関西国際大学ならではの学びを身につけ、それぞれの夢を実現した学生に教育福祉学科の田上由雄准教授がお話しを聞きました。

    番園 貴則さん
    関西国際大学ならではの多彩なプログラムに参加し将来のキャリアにつなげた


    ─ 進路の決定や成長につながったと感じた経験は?


    ●田上准教授 本学で成長できる大きなターニングポイントのひとつに、グローバルスタディ(GS)があると思います。皆さんは、どんな経験をしましたか?


    ●粟国さん 私は、台湾の大学へ交換留学をしました。中国語とローマ字併記のオリジナル名刺をひたすら配って顔を覚えてもらい、現地の学生と交流することができました。何事にも挑戦する積極性や度胸が身についたと思います。

    中本 実紀さん

    ●番園さん 私は台湾で、買い物のレシートを集めて車椅子と交換するボランティア活動に参加しました。店員さんとの会話に悪戦苦闘しましたが心を通じ合わせることができ、一生懸命に接することの大切さを実感しました。


    ●藤原さん 同じく台湾で、一生懸命に伝えようとすれば必ず気持ちは伝わることを実感しましたね。身振り手振りでも大丈夫。そんな自信がつきました。


    ●中本さん ベトナムでグループワークやフィールドワークを行ったのですが、同じ国の参加学生同士でも「異文化」が存在することを痛感。人それぞれの感覚や考え方の違いを受け入れることができるようになりました。

    岸本 あおいさん

    ●岸本さん 印象に残っているのはフィリピンでの経験です。生活が苦しい子どもたちに学生が食事を提供するプログラムに参加したことで、改めて、福祉を表面的にとらえるのではなく、より深く物事を考え行動する大切さを学ぶことができました。


    ●秦さん 渡航先のフィリピンで、生きることに懸命な子どもたちの姿を目のあたりにして、自分たちがいかに恵まれているかを実感。人として、知っておくべきことがあると痛烈に感じました。


    ●田上准教授 皆さんは、GSで大きく成長したということですね。その他に、進路につながるような経験はしましたか?


    ●藤原さん 最初は幼稚園教諭だけをめざしていたのですが、いろいろな実習を重ねることで、どんどん意欲的になりました。教育・保育コー

    粟国 舞さん

    スでは、保育士資格、幼稚園教諭1種、小学校教諭1種、特別支援学校教諭1種の免許状取得が可能ですが、結果的に4つとも取得できました。


    ●粟国さん 3年生のときに、タイの日系旅行代理店に海外インターンシップ生として渡航。観光業を志望していたため、他にも、ホテルなどのインターンシップには積極的に参加して志望を固めることができました。


    ●岸本さん 私は、1年生からオープンキャンパスのスタッフとして活動。受験生や保護者への応対、イベントの司会など幅広く担当することで、「人と関わること」が大好きになり、社会福祉協議会を志望するきっかけになりましたね。

    教育福祉学科 田上 由雄 准教授
    採用試験対策や就活で悪戦苦闘しながらも着実に夢を引き寄せた


    ─ 夢をかなえるまでの過程はどうでしたか?


    ●田上准教授 進路は、どのように決断しましたか?


    ●藤原さん 幼稚園や保育所だけでなく、小学校や特別支援学校の実習を経験するたびに迷っていたのですが、経験豊富なベテランの先生方の助言もあり保育士になることを決断しました。


    ●秦さん 私は、教育への考え方が自分と合う自治体の教員で勤めたいと思っていました。学修支援の先生から山口県をすすめられたこともあり全ての都道府県のホームページを見て改めて教育方針をチェック。実際に現地に足を運んで納得してから、山口県の教員採用試験を受けましたね。


    ●番園さん アルバイトでスイミングスクールのインストラクターをしていたこともあり、一時はその道に進むことも考えました。それでも、教育実習を経験することで教職員の素晴らしさを再認識し、意思を固めることができました。

    秦 美苗さん

    ●中本さん 私の夢は中学校の英語教員でしたが、3年生のときに、先生から「浪人してでもなりたい気持ちがないと無理」との助言を受けて、自分の甘さを思い知らされることに。信用金庫へのインターンシップに参加することで業務内容に興味を持ち、金融業界をめざすようになりました。


    ●田上准教授 進路決定してからは、どのような努力をしましたか?


    ●番園さん 教員採用試験対策として、センタープログラムの「教員採用試験対策講座」を利用しました。週2回面接練習があり、厳しい指導を何度も受けることで鍛えられ、実際の面接も乗り越えることができました。

    藤原 千里さん

    ●秦さん 私も、「教員採用試験対策講座」を、誰よりも熱心に利用した学生です。高校生までバレーボール一筋だった私が、これまでにないくらい勉強しました。


    ●藤原さん 私も高校までは大の勉強嫌いでした。そんな私が、朝の7時から夜の9時まで勉強漬けの毎日を送ることで、自信を持つことができました。学内サークル、児童文化研究会での活動も面接の模擬保育で役に立ったと思います。


    ●粟国さん 就職活動では、志望先を迷ったり面接で採用されなかったりしたこともありました。その都度、力になってくれたのはキャリアサポート室の職員の方々。最終的には4社から内定をいただいたのも、的確なアドバイスのおかげです。

    座談会の様子

    ●中本さん 私も、キャリアサポート室の方々には、本当にお世話になりましたね。面接で、気をつけていた「目をしっかり見ること」と「とびきりの笑顔」ができなかったときも、模擬面接の練習にじっくりつきあってくださいました。ゼミの先生の励ましなどもあり、本来の楽天的な性格を取り戻すことができました。


    ●岸本さん 教育福祉学科では、三千字のレポートを書き、発表することの連続でした。ただ、そのおかげで、社会福祉協議会の面接でも小論文でも、苦にすることなくスムーズに対応できたのだと思います。さまざまなサポート体制が壁を乗り越えるうえで大きな力になった


    座談会の様子

    さまざまなサポート体制が壁を乗り越えるうえで大きな力になった


    ─ 関西国際大学のよさを教えてください。


    ●番園さん 手厚いサポートをしてくださる先生や、同じ目標を持つ仲間がいること。教職員をめざしている方にはおすすめです!


    ●秦さん 「絶対に学生を見捨てない」先生方が支えてくださるところです。「絶対教師になりたい!」という人こそ満足できると断言しますね。

    0001.jpg

    ●藤原さん目標に向かって、先生や先輩、同級生と、みんなで支え合う雰囲気があります。特に教育・保育コースは、4種類の免許状が取得で きることが強みです。


    ●粟国さんフレッシュマンウィーク、ウォーミングアップ学習など、入学直後から、すぐに大学生活に馴染めるようなプログラムが用意されていることでしょうか。おかげで、沖縄出身の私も、すぐにとけ込むことができました。


    ●中本さん何と言っても少人数教育で、先生との距離が近いところ。クラス分けされていても分け隔てなく付き合え、友だちとの絆は深まりやすいです。

    座談会の様子

    ●岸本さん 2年生が新入生をサポートする「学生メンター」の制度があること。私も、入学当初、辞めたいと思うくらい落ち込みましたが、メンターの先輩に支えてもらうことで精神的に立ち直ることができました。


    ●田上准教授 少人数教育、学生メンター、さまざまな支援プログラムと、手厚いサポートがあるのが本学の大きな特徴ということですね。


    最後は自分で決断できる人間力を育めるのが関西国際大学の一番の魅力


    ─ 受験生の方にメッセージを!


    ●番園さん 教員免許状取得をめざすなら、大学受験の時から勉強に手を抜かないこと。あとは、先生方の強力なバックアップで合格まで導いてくれます。


    ●秦さん 教員になりたい人も途中で方向転換した人も、独りで放っておかれることはありません。誰かが支えてくれる本学に、ぜひ来てください。


    ●粟国さん おしゃべりが大好き。そんな人にこそ、ぜひ来てほしいですね。なぜなら、アットホームな大学なので、たくさんの人たちと関われるからです。


    ●中本さん 本学は、私を自ら行動できる人間に変えてくれた大学。今、自信が持てなくても、大学を卒業するころには立派に社会に羽ばたけますよ。


    ●岸本さん よい意味で、大学全体がすごくおせっかい(笑)。どんな人でも、努力するきっかけが与えられる環境で、一緒に頑張りましょう。


    ●藤原さん 本当に、本学での4年間は「楽しかった」の一言。ぜひ、入学して自分のしたいことにとことん挑戦して、人としての幅を広げてください。


    ●田上准教授 本学は、入学から卒業まで一人ひとりをフォローする面倒見のよい大学です。その結果、学生は自分自身で決断する力を備えることができます。それこそが、本学最大の魅力ではないでしょうか。ぜひ、一緒に学びましょう!


    教育学部内定者座談会企画 夢をかなえた合格者・内定者の声

    ページTOPへ

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.