• About KUIS IR 学生支援型IRのあゆみ
  • Interview 評価センター長に聞く
  • DATA データを見る

”関西国際大学モデル” 学生支援型IRのアウトライン

評価センター長 藤木 清 教授 インタービュー

多彩な学生データを駆使して教育の質を保証

 まだ「IR」という概念が一般的ではなかった2000年代初め、関西国際大学におけるIRの取り組みが始まりました。2004年に高等教育研究開発センターの下部組織として設置され、その拠点となったのが「評価室(後の評価センター)」です。私は立ち上げと同時に責任者になり、まず自己点検評価報告書を作成するために、各学部に散在するデータの集約作業を始めました。

 その動きと並行して、学生一人ひとりのデータを活用した学生支援の 取り組みも進みました。本学では、全国に先駆けて「学習支援センター」を設置し、学習支援が必要な学生をサポートする仕組みを早い段階 で構築していましたが、学生が自分の学習履歴を蓄積できる「ポートフォリオ」が導入され、アドバイザー教員が定期的にチェックできる体制が整いました。最初は物理的なファイルのやりとりでしたが、やがて電子化して「e-ポートフォリオ」へと進化。本学の学生が卒業時までに身につけるべき能力を定めた「KUIS学修ベンチマーク」と組み合わせ、一人ひとりが効率よく目標管理ができるようになっています。これら多彩な仕組みを組み合わせることで、学生は日々の学びの中で、実践と検証、改善を繰り返すPDCAサイクルを回し、目標に近づけるようになっているのです。

 評価センターでは、他の学生情報と合わせてデータベース化し、学生 支援や教育改善のための現状分析、学部や大学が全体として教育目標を達成できているかどうかのアセスメントなどに活用しています。直観や経験知ではなく、データの客観的な裏付けを根拠にした学生支 援や大学運営は、教育の質を保証するために今や欠かせないものといえるでしょう。

pic_480*600_kiyoshi_fujiki

IMG_3100.JPG


p12-17_IR_fujiki_取材時-2.JPG

広範なデータを活用することでより強みを生かした教育へ

 学生支援といえば、本学が独自にプログラムを開発し、今日までブラッシュアップを重ねてきた「初年次教育」も特筆すべき取り組みといえるでしょう。そもそもの始まりは、せっかく入学してきたのに大学にうまくなじめず中退に至ってしまう学生を減らそうと、「ノートの取り方」「レポートの書き方」といった基本的な学習技術を丁寧に伝える新入生向けのプログラムを作ったことです。当初は90分間の単発講座でしたが、2002年には必修科目化し、テキストとして「知へのステップ」(くろしお出版)も出版。これが話題となり、今では多くの大学に教材として採用されています。今でこそ「初年次教育」はどの大学でも当たり前になっていますが、実は本学が先鞭をつけた教育プログラムなのです。

 こうした先駆的な取り組みをベースに、近年では、本学を含む4大学が連携して取り組む「主体的な学びのための教学マネジメントシステムの構築」事業の推進や、全国49大学が参加する「大学IRコンソーシアム」への参画を通じて収集したデータも加え、より俯瞰的に本学の強み・弱みを把握できるようになっています。その結果、本学の学生は数量的な分析・表現が弱い一方で、異文化理解や他者との共同作業、プレゼンテーションなどに強いという傾向が見えてきました。これらの分析と考察は、今後の入試改革や教育改善、キャリア支援にも役立てていきたいと考えています。

 IR先進地のアメリカでは、学生の学習履歴だけでなく、卒業後の進 路も含めた生涯的なデータベースを構築している大学があり、学生がロ ールモデルとなる卒業生に直接アクセスしてアドバイスを受けられるという例もあります。最終的にはこのように、世代を超えてIRでつながる仕組みを構築していきたいですね。

The Outline of KUIS IR for Student Support

Ensuring quality of education using various student data

 IR initiatives started at KUIS in the early 2000s, when the concept of IR had not yet won general recognition in Japan. The hub of these initiatives was the Center for Assessment and Institutional Research (later the Evaluation Center), established in 2004 as a subsidiary organization of the Research and Development Center for Higher Education. I was appointed head of the office, wherein data was collected from individual faculties for self-evaluation reports compilation.

 At the same time, the university advanced student support activities based on individual students’ data. KUIS established Japan’s first learning support center and thus already had in place a mechanism to support student learning if needed. During this time, it introduced student portfolios, completing a system where students could record their learning achievements and advisers could check them on a regular basis. This involved the physical exchange of files in the beginning and was later digitized and evolved into ePortfolio. In combination with the KUIS Academic Benchmarks defining the academic abilities that students should acquire before graduation, the system enables students to manage their personal goals efficiently. In this way, the combination of various mechanisms allows students to follow a PDCA cycle of doing, checking and acting toward continuous improvement, bringing them closer to their goals in the course of daily learning.

 The Evaluation Center manages a database along with other student information, and uses it to analyze the current situation toward improving student support and education, and assessing whether individual faculties and the university as a whole is meeting educational goals.

 Student support and university operation based not on intuition or knowledge gained from experience, but on facts backed by subjective data are essential today for ensuring quality of education.

A broader range of student data toward education that highlights our strengths

 On the subject of student support, I should also touch on our efforts in first-year education, based on an original program developed by KUIS and continuously brushed up over the years. The initiative started when we created a program for freshmen that offers meticulous guidance in basic learning skills, such as how to take notes and write reports, with the aim of reducing the number of students who have trouble keeping up and eventually abandoned their studies. What started out as a single 90-minute-long lecture turned into a required subject in 2002, and led to the publication of Chi e no suteppu (Steps to Knowledge, Kurosio Publishers). This textbook caused something of a sensation and is used as teaching material at a large number of universities today. First-year education has become a given at any university in Japan, but it was KUIS that first developed the program.

 Based on our pioneering initiatives, in recent years, KUIS promotes a collaborative program with three other universities for building an educational management system for active learning. We also collect additional data through membership in an IR Consortium, comprising 49 universities across Japan, which enables us to gain a more comprehensive understanding of KUIS strengths and weaknesses. We now see, for instance, that KUIS students are weak in quantitative analysis and expressive skills, but strong in understanding different cultures, cooperating with others, and making presentations. In the future, we hope to make use of such analyses and observations in entrance examination reforms, continuous education improvement, and career support.

 In the United States—the birthplace of IR—some universities are building a lifelong database not only of students’ learning achievements but also their career path after graduation. Others offer a system in which students can directly contact and seek advice from alumni who serve as role models. I hope to follow this example and ultimately create a mechanism for connecting generations of students through IR.

KUIS IRのしくみと三層構造のアセスメント

Keywords

■IR(InstitutionalResearch)
大学内のさまざまな情報を収集・分析し、教育や研究、学生支援、大学経営などに活用すること。アメリカで1960年代に生まれて普及。現在では日本でも多くの大学がこの考え方を取り入れて、専門部門を設けている。

■ポートフォリオ
学習の記録や成果、目標などを書き込んでいく記録ファイル。クを通じて成長を確認しながら前進できるようになっている。2007年からは電子化され「e-ポートフォリオ」に進化した。

■KUIS学修ベンチマーク
学生が身につけるべき能力を示したもの。5つの大きな目標とそれを達成するために必要な能力で構成されており、これらのチェックを通じて成長を確認しながら前進できるようになっている。
[5つの大項目]・自律できる人間になる ・社会に貢献できる人間になる ・心豊かな世界市民になる ・問題解決能力を身につける ・コミュニケーション能力を身につける

pic_profile.jpg

藤木 清  教授

グローバル教育推進機構 教授。評価センター長。
【職歴】関西女学院短期大学(1997~1998年)、関西国際大学(1999年~現在)
【主な役職】高等教育研究発センター評価室長(2004~2013年)、評価センター長(2014年~現在)、学長補佐(2006年~現在)

TOPへ

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.