特色ある教育
    ホーム>最新情報一覧>関西国際大学創立20周年記念行事実施報告(まとめ)

    関西国際大学創立20周年記念行事実施報告(まとめ)

     関西国際大学は、2018年4月に創立20周年を迎えました。創立20周年を記念して、9月29日に記念式典・祝賀会を挙行したほか、2017年12月9日の第1回講演会を皮切りに2018年9月25日まで計8回の記念講演会、パネルディスカッション、読売新聞社との記念企画イベント等の記念行事を実施いたしました。

     実施にあたりご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様に心より御礼申し上げます。


     関西国際大学のこれまでの歩みを振り返るとともに、本学の現在の姿やさまざまな取り組みを紹介した、創立20周年記念KUISオリジナル動画も制作いたしましたので、是非ご覧ください。         

    ⇒関西国際大学創立20周年記念動画はこちら

    【第1回記念講演会】2017年12月9日(土)10:00~12:00(三木キャンパス)
    グローバル社会を生き抜く力~ 「これからのグローバル人材とは」
    講師:岩切 敏 氏 <独立行政法人国際協力機構(JICA)上級審議役>

    関西国際大学創立20周年記念講演会

    関西国際大学創立20周年記念講演会

     独立行政法人国際協力機構(JICA)上級審議役の岩切敏氏を講師にお迎えし、学生のほか、教職員・一般市民の方など約190名の参加者を前に、「グローバル人材」をテーマにお話しいただきまいた。
     岩切氏は、70ヶ国以上訪れたJICAでのご自身の体験をふまえて、「グローバル人材になるためには、海外での経験が重要。感受性のある若いうちに、海外へ飛び出し、異文化体験を、頭の中ではなく、体で蓄積してほしい」と学生たちに呼びかけました。そして、「これ①幅広く、様々な知識を身に付けよう。『人間力』を磨こう」「②世界は狭い。決して、日本だけにとどまることなく、行動に移そう」「③日本だけが、平和で安定することはできない。グローバル社会で生きていく覚悟を持とう」「④スマホより本、仲良し会話より議論を」「⑤情報に埋もれない、左右されないように」ということばを学生たちに贈りました。

    ⇒詳細はこちら

    【第2回記念講演会】2018年3月24日(土)13:00~15:00(尼崎キャンパス)

    「2020東京オリンピック・パラリンピック大会がもたらすもの」
    ~スポーツを通じた健康な街づくりと人材育成~
    講師:橋本 聖子 氏 <参議院議員・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事>

    01.jpg

    02.jpg

     参議院議員で、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委委員会理事の橋本聖子氏を講師にお迎えして、ご講演いただき、地域住民の方や教職員、卒業生、学生など、178名が参加しました。

     2020年に開催を控えた「東京オリンピック・パラリンピック」について、橋本氏は「世界中が注目するオリンピック・パラリンピックを、単なるスポーツの祭典としてではなく、日本の経済力、文化力を世界に発信するチャンスとして捉えていく必要がある」と語りました。

     このほかにも、ご自身の生い立ちから、スピードスケートと自転車競技の2種目の競技でオリンピックに7回出場という華やかな経歴の裏側で、病気との闘いの日々だった競技人生についてのエピソード、競技力の前に人間力を育成することの大切さ、スポーツによる健康増進効果の話題など、盛りだくさんの内容で、会場は熱心に聴き入っていました。

    ⇒詳細はこちら

    【第3回記念講演会】2018年5月12日(土)13:00~14:40(尼崎キャンパス)

    「やればできた」経験から「もっとできる」挑戦へ ー可能性の翼を広げようー

    講師:日比谷 潤子 氏 <国際基督教大学学長>

    01.jpg

    03.jpg

     国際基督教大学の学長である日比谷潤子先生を講師にお迎えして、地域住民の方や教職員、卒業生、学生など、250名を超える参加者を前にご講演いただきました。

     日比谷先生は、「当たり前」がない世界で生きていくために必要な力、これからの世界で求められる力、身につけるべき力として、『コミュニケーション能力・協働する力・深く考える』をあげて、わかりやすく説明いただきました。また、地域社会との共生のあり方。社会でどうやって生きていくかについてもお話いただきました。

    ⇒詳細はこちら

    【第4回記念講演会】2018年6月23日(土)10:40~12:00(尼崎キャンパス)

    変化の時代、並存の時代
    講師:御立 尚資 氏 <ボストンコンサルティンググループ シニア・アドバイザー>

    01.jpg

    02.jpg

     講師に、ボストンコンサルティンググループ シニア・アドバイザーである御立尚資 氏をお迎えして、数多くの急激な変化が起こっている時代に、どのようなことが求められるかについて、ご講演いただきました。講演会には地域住民の方や教職員、卒業生、学生など、300名を超える参加者となりました。

     御立氏は、講演の中で、これまでとこれからが重なり合う時代をどう生き抜いていくかや、先を読めない時代に必要なリーダーの資質などについてお話をされました。これからを生きる若者に伝えたいこととして、「好きなことを中途半端ではなく、徹底的に突き詰めてもらいたい。それが変化の時代において生きる力になる」と強調しました。

    ⇒詳細はこちら

    【関西国際大学創立20周年記念企画】2018年7月28日(土)10:00~17:00(尼崎キャンパス)

    「プログラミング デイ 2018 in KUIS」
    ~ 小学校プログラミング教育必修化で、家庭、学校、社会はどう変わる? ~

    01.jpg

    02.jpg

    03.jpg

    04.jpg

     新学習指導要領で、2020年度から小学校でのプログラミング教育が必須化されるのに伴い、教育現場、家庭がどう変化するのかを問うシンポジウムと、ロボットやアニメーション等のプログラミングを親子で体験できるイベントを実施しました。

     当日は、台風接近による悪天候の中、総勢、千人に及ぶ教育関係者や小学生、保護者が参加し、プログラミング教育への関心の高さが浮き彫りになりました。

    ⇒詳細はこちら

    【第5回記念講演会】2018年8月2日(木)10:00~13:10(ホテルヴィスキオ尼崎)

    ~「やればできた」経験から「もっとできる」挑戦へ~  尼崎から世界へ 文化の違いを越えて 
    映画「リトルダンサー」上演会と平野亮一氏 講演会
    講師:平野 亮一 氏 <英国ロイヤルバレエ団 プリンシパル>

    01.jpg

    04.jpg

     関西国際大学創立20周年・あけぼの学院創立50周年を記念して、共催記念講演会が尼崎のホテルヴィスキオ尼崎で開催されました。講演会は2部構成で開催し、第1部で映画「リトルダンサー」を上映、第2部では英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルの平野亮一氏をゲストにお迎えして、濱名篤学長と本学客員教授である芦沢先生、ゲストに平野亮一氏を迎え、インタビュー形式の対談を行いました。平野氏は、尼崎市の出身で、武庫愛の園幼稚園の卒園生です。また、2017年には濱名学院・関西国際大学名誉修士号を授与されています。

     対談の中で平野氏は、練習だけでなく休憩もしっかりと取ることで、自分自身の中でのオンとオフを確立すること、「セルフマネージメント」と「集中力」の大切さについて語られました。

    ⇒詳細はこちら

    【第6回記念講演会】2018年8月28(日)15:00~17:00(尼崎キャンパス)

    未来の年表 ~人口減少日本で起きること ~
    講師:河合 雅司 氏 <ジャーナリスト、『未来の年表』著者)>

    04.jpg

    01.jpg

     いまや48万部のベストセラーになっている『未来の年表』の著者でジャーナリストの河合雅司氏を講師としてお迎えし、「人口の減少が進む日本で、何が起こうとしているのか」についてお話いただきました。地域住民の方や教職員、卒業生など、106名が参加しました。かん

     河合氏は、少子高齢化と人口減少が凄まじい勢いで進行している日本の実態と、将来の予測をデータで示し、「過去のやり方をしていたのでは日本は行き詰まる。今までのやり方を変える覚悟と勇気が求められている」と話しました。

     今後の大学のあり方に関して話が及びと、「これまでのやり方は通用しない。地域との連携を強化し、国や地域を引っ張る人材の教育に力を入れ、個々の大学が社会でどんな役割を果たしていくのかを明示すべき」と語りました。

     ⇒詳細はこちら

    【第7回記念講演会】2018年9月25日(火)10:40~12:10(三木キャンパス)

    グローバルスタディが未来にもたらす可能性  ~旅せよ青年、人生を拓く世界の道へ ~
    講師:玉岡 かおる 氏 <作家>

    05.jpg

    04.jpg

     三木キャンパスにおいて、地元、兵庫県三木市出身の作家、玉岡かおる氏を講師としてお迎えして講演会を開催し、経営学科、人間心理学科、看護学科の1年生のほか、教職員が参加しました。

     玉岡氏は、本学が力を入れている「グローバルスタディ」について、「日本の歴史上、日本人は国をよくするために、『グローバルスタディ』を実践してきた」と作家の立場からお話され、その重要性を強調しました。玉岡氏の小説の中には、歴史上では無名ではあるものの、「グローバルスタディ」を実践し、日本の発展に貢献してきた人物が数多く登場していることに触れ、「単に海外で学ぶだけでなく、日本人であるという素養の上に海外で学ぶことが大切。海外の文化の中に入り込み、日本との違いを見つけ、世界の中の日本を学んでほしい」と学生たちに呼びかけました。

     ⇒詳細はこちら

    【関西国際大学創立20周年記念シンポジウム】2018年9月25日(火)14:35~17:00(尼崎キャンパス)

    災害の時代における大学の役割~阪神・淡路大震災や最近の災害に学ぶ~

    (基調講演)室﨑 益輝 氏 <兵庫県立大学大学院・減災復興政策研究科 研究科長・教授>

    03.jpg

    02.jpg

    05.jpg

    00.jpg

     災害が多発する今日において、安全・安心社会をリードする関西国際大学として、災害の時代における大学の使命について考えるシンポジウムが、尼崎キャンパスで開かれました。兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長の室﨑益輝氏を基調講演の講師にお迎えし、教育福祉学科、英語コミュニケーション学科、経営学科の1年生のほか、教職員が参加しました。

     室﨑氏は大学の役割について、有効な防災教育の開発や災害時のコミュニケーションに関する研究、専門家の倫理観など、具体的な課題や期待を示し、地域とともに防災の心を持つ人材を育てることの長期的な意義を語りました。

     講演に引き続いてパネルディスカッションが行われ、濱名篤学長をモデレーターに、3名の代表学生が実体験をもとに発表しました。コメンテーターとしてセーフティマネジメント教育研究センター長の村田昌彦教授も専門家として登壇して、この災害多発時代に大学や学生には何ができるのかについて、活発な議論が展開されました。

     ⇒詳細はこちら

    【関西国際大学創立20周年記念式典・記念祝賀会】
    2018年9月29日(土)13:00~15:40(ホテルオークラ神戸 平安の間)

    01.jpg

    03.jpg

    02.jpg

    02.jpg

     関西国際大学創立20周年記念式典および記念祝賀会が9月29日(土)、ホテルオークラ神戸で挙行され、各界来賓、大学関係者、教職員のほか、海外協定校からもご出席いただき、約330名が一堂に会して、20周年の節目を祝いました。

     式典では、濱名篤学長からの式辞に続き、文部科学省高等教育局 私学部長の村田善則氏、兵庫県副知事の金澤和夫氏、日本私立大学協会副会長・関西支部長で京都外国語大学理事長・総長の森田嘉一氏から来賓祝辞が披露されました。続いて、濱名篤理事長・学長より、濱名昭・名誉理事長へ感謝の花束が贈呈された後、本学の20年の歩みを振り返る学ビデオを上映しました。その後、2名の在学生代表による学生宣誓が行われ、最後に参列者全員で学歌を斉唱し、式典は閉式しました。

     祝賀会では、濱名篤学長の挨拶、来賓祝辞の後、今年他界された村上敦・初代学長による、開学記念式典時の式辞の映像が上映されました。鏡開き、乾杯と進んで開宴となり、会食・歓談が進む中、最後は万歳三唱で締めくくり、祝賀会は盛会のうちに終了しました。

     ⇒詳細はこちら

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.