ホーム>国際交流・留学>外国人留学生の皆さんへ

外国人留学生の皆さんへ

グローバル教育センターでは海外の協定校からの交換留学生や私費外国人留学生に対して、入学から卒業に至るまでの住居や奨学金、入国管理局手続きなどの支援業務を行っています。
慣れない留学生活への不安・悩みはまず、グローバル教育センターへ相談に来てください。

在籍確認

グローバル教育センターでは毎月在籍確認を行っていますので、掲示板を確認して、期間内に在籍確認を行ってください。在籍確認を行わなかった場合は、アジア太平洋奨学金の停止や証明書の発行停止などを行うため、注意してください。
※居住住所、携帯電話番号、外国人登録証明書、健康保険証などに変更が生じた場合は直ちにグローバル教育センターに報告してください。 

奨学金

留学生向けの奨学金案内を掲示でお知らせしますので、掲示板を見逃さないようにしてください。

日本学生支援機構私費外国人留学生学習奨励費

2015年度実績 月額48,000円

兵庫県私費外国人留学生奨学金

2015年度実績 月額30,000円

六甲奨学金

2015年実績 月額50,000円

その他の奨学金

その他、各団体、企業の奨学金もあります。国際交流センターと学生課の掲示板で確認してください。

住居

賃貸住宅情報の提供や契約に関する助言を行っています。

市(区)役所で行う手続き

外国人登録証明書、国民健康保険に関わる手続きは市(区)役所で行います。

入国管理局で行う手続き

  • 在留期間更新
    在留期間満了日の3カ月前から更新手続きができますので、必要書類を持って、居住地の管轄の入国管理局で更新手続きを行います。
  • 再入国許可申請
    2012年6月30日までは、一時的な帰国や他国への旅行等で日本を離れる場合は、必ず再入国手続きを行う必要があります。
    【重要】2012年7月1日から制度が変わります!
    ■「みなし再入国許可」の制度が導入されます■
    有効な旅券及び在留カードを所持する外国人(注1)の方が,出国する際,出国後1年以内(注2)に日本での活動を継続するために再入国する場合は,原則として再入国許可を受ける必要がなくなります(この制度を「みなし再入国許可」といいます。)。
    ★出国する際に,必ず在留カードを提示してください。
    みなし再入国許可により出国した方は,その有効期間を海外で延長することはできません。出国後1年以内(注2)に再入国しないと在留資格が失われることになりますので,注意してください。
    (注1)「 在留カードを後日交付する」旨の記載がなされた旅券や,在留カードとみなされる外国人登録証明書(詳しくは7ページを御覧ください。)を所持する場合にも,みなし再入国許可制度の対象となります。
    (注2) 在留期限が出国後1年未満に到来する場合は,その在留期限までに再入国してください。
  • 資格外活動許可申請
    授業外の時間を利用して、アルバイトとして就労する場合は、事前に資格外活動の許可を受ける必要があります。
    ※詳細に関しては「留学生の手引き」で確認してください。
  • 休学および在留資格取り消しについて
  • 在留資格「留学」で本学に在籍している学生が休学をした場合、「留学」の在留資格がなくなります。休学中にそのまま日本に在留したり、アルバイトをすることはできません。適切な在留資格への変更手続きをするか、すみやかに出国する必要があります。場合によっては、退去強制の手続きが取られます。

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.