ホーム>大学院>臨床教育学専攻

臨床教育学専攻

臨床教育学コースの特色

本専攻で学修を行うことにより、多様化する子どもに関する科学的理解と実践的研究を進め、教育現場をはじめとする社会においていっそう活躍できる人材を輩出することをめざします。

現職の教員の方々も、仕事を続けながら学ぶことができます

本専攻では、平日の18時30分から、90分の授業を2コマ開講します。 本専攻がある尼崎キャンパスは、JR尼崎駅から徒歩5分という交通の便のよい立地ですので、仕事の後に通学することが可能です。JR尼崎駅は新快速で、JR大阪駅から約6分、JR三ノ宮駅から約15分、JR京都駅から約35分とアクセス抜群です。

長期履修制度を選ぶことができます

入学時から2 年を超える履修計画を立てることができます。

専修免許状が取得できます

本専攻では、幼稚園教諭専修免許状・小学校教諭専修免許状・中学校教諭専修免許状「社会」「英語」、高等学校教諭専修免許状「公民」「英語」「福祉」を取得することができます。

求める院生像

● 教育学に関する基礎的知識を有し、教育の諸問題に深い関心を持ち、それらの解決に強い意欲を持っている人
● 学校や子どもたちの教育的ニーズに即して、彼らの成長、発達に関わることに使命感を持っている人
● 教育や保育の現場で活用できる、高度な専門的知識と実践力を修得しようとする人

想定される進路

幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の教員、民間・公共の事業組織(教育・企画・人事管理など)。

充実した実習・演習

現在日本の学校を取り巻く状況は、学力の向上、生徒指導上の諸問題、特別支援教育の充実、外国人児童生徒への対応等、教員が対応すべき課題の多様化が著しく、なかでもLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/ 多動性障害) や高機能自閉症等の子ども、また家庭環境の面で配慮を必要とする子どもなど、多様化する児童生徒に関する理解と支援の必要性が高まっています。
本専攻の学外実習としては、発達障害教育特別演習ⅠとⅡを行っています。 発達障害教育特別演習Ⅰは、具体的なテーマに沿った実践研究を行うことにより、発達障害に関する分野での実践・研究に必要となる現場体験及び文献講読による実践分析力と研究方法の習得をめざしています。具体的な実習 場所として、阪神間の医科大学および総合病院、学校、親の会等と連携し、発達障害の子どもたちのアセスメントに関する基礎データの収集や実践観察を行います。
Ⅱでは、Ⅰで得られた基礎データをもとに、各自のテーマを持って学校での実践を行い、発達障害児へのエビデンスのある教育方法に関して研究を進めていきます。具体的には、研究協力校において、配慮の必要な子どもたち のソフトサイン等のアセスメントや授業観察などを総合的に評価し、個別指導や一斉指導でできる体づくりの活動案・校内環境の作り方・授業への取組などの提案をしたり、学校生活で観察できる子どもの行動と、その行動の基 盤となっている体の様子への気づきを助けるチェックシート試案を作成したりすることも進めています。 このほかに、院生もしくは院生の所属する学校が直面している教育実践上の課題について、理論と実践の融合を念頭に、実践と省察を繰り返しながら課題解決を図る実践的研究(アクション・リサーチ)である「スクールインターンシップ」を新たに開講する予定です。

開講科目一覧(履修モデル)

科目名称 区分
基礎 人間行動学特論 ○必 ○必
心理学特論
社会学特論
教育学特論
臨床教育学特論
特別支援教育特論
発達障害教育特論
基幹 人間行動学演習 ○必 ○必
教育社会学特論
教育学特論II
障害者教育特論
特別支援教育実践研究
科目名称 区分
基幹 教育環境学特論
教職特別研究特論
教育制度学特論
発達心理学特論
学級心理学特論
学級経営・学校経営学特論
展開 修士論文指導 ○必 ○必
発達障害教育特別演習I
発達生涯教育特別演習II
フィールド演習I
フィールド演習II
スクールインターンシップ

○必:必修科目 ○:履修モデル科目 □:履修モデル選択科目

主な科目の概要

人間行動学特論


本講義では、ヒトや動物が関係する現象・事象を科学的に説明するための方法論として、統計法と単一事例研究法を取り上げる。統計法では、現象を集団の平均値の差、出現率の差、2者以上の変数間の関係性から見ていく方法を学ぶ。単一事例研究法では、個の変化から事象の因果関係を見ていく反転デザイン、多層ベースラインデザイン、条件交代デザインの基本形を学ぶ。

特別支援教育実践研究


具体的なテーマに沿った実践研究を行うことにより、特別支援教育における現場での課題と心理・教育学的に検討するための具体的方法論を知り、また最新の研究動向を知る中で、現在の特別支援教育の教育課題に対するエビデンスの収集と問題のたて方と研究方法を学ぶ。

発達障害教育特論


米国の「障害個人教育改善法(2004)」でFBA(functional behavior assessment:機能的行動評価法) とPBS(positive behavior support:適応的行動支援法)が義務づけられた。本講義では障害児教育を支えている行動分析学の基礎を学びながらFBAとPBSの方法を学ぶ。実際に身辺自立、言語、数量、対人スキルの形成プログラムを組んでいく。

臨床教育学特論


いじめ、不登校、心身症、怠学、無気力、高校中退、非行といった幼児・児童・生徒の不適応を、具体的事実から捉え、その要因を分析、検討する。その上で、こうした子どもたちに対する発達援助・適応援助の方法を理論的・実践的に学ぶ。特に、事例を通して、問題の原因の因果分析法と問題の予防の方法や解決の方法に関する基礎技能を習得する。

スクールインターンシップ


院生もしくは院生の所属する学校が直面している教育実践上の課題について、理論と実践の融合を念頭に、実践と省察を繰り返しながら課題解決を図る実践的研究法(アクション・リサーチ)を通じて、専門的リサーチ方法を習得する。

学級経営・学校経営学特論


学校総体として教育力向上を実現するための学校改革と、学校経営に係る諸課題とその克服のための方策を、全国の先駆的実践を考察しつつ研究する。

教育学特論1


この科目は、教育学の領域のうち、人間発達の初期にある子どもを対象とする家庭教育や子育ての問題を講義し、理解を深めることを目的とする。具体的な項目として、家庭教育の機能、現代家族の変化、早期教育、少子化と、子育て支援等の問題をとりあげる。近代家族の変化、親にとっての子どもの位置づけの変化といった歴史的観点をふまえた上で、子育てをめぐるさまざまな社会状況の変化や子育て環境の実態を紹介するとともに、少子化政策や子育て支援の実態について、受講生が自ら情報を収集しながら解説を行う。

教育環境学特論


「子どもの貧困」が「大人の貧困」へと世代間継承することを踏まえ、地域社会の中で学校や保健福祉の関係機関との連携の必要性を理解し、実践レベルでの教員の役割を考えることを目的とする、具体的には、親の経済状況が子どもの学歴・所得に影響を与え、子どもの人的資本面での不利益が貧困につながることを理解するとともに、子どもの貧困が、発達や健康、学力等幅広い分野における世代間連鎖の要因となっていることについてデータに基づいて論理的に理解したうえで、教育の政策的インプリケーションへの示唆を検討する。

発達心理学特論


人間発達の理解には、ヒトとしての生物学的基盤と生涯発達における環境の影響が必要である。改めて我々自身も生涯発達の中で変化しつつある存在であることの自己理解・自己学習も重要である。本講義では、生物的側面と環境の影響が表れやすい発達加速現象を始めとして、青年期発達を中心に、様々な発達現象を取り上げ学ぶ。現象の背後にある発達の法則性や発達理論、人間的特徴の理解を深めたい。

教育制度学特論


学習権の保障を目的として存立している教育制度の構造と機能についての理解を図ることを目的とする。具体的には、①学習権、義務性、無償性、中立性といった教育制度の構造を理解する、②教育制度の構造がどのように制度化されるかについて、教育行政や教育財政のありようとともに、各国における教育制度改革の諸問題に関する理解を深める、③そして、これらが学校教育を含む生涯学習体系において具体的にどのような展開を示しているかを考察する。

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.