ホーム>大学院>応用社会学コース

応用社会学コース

応用社会学コースの特色

社会事象をとらえる高度な調査能力を有する専門家として「専門社会調査士」(「一般社団法人社会調査協会」認定)を取得するための教育課程を編成しています。社会調査を企画・設計・実施する能力、分析・集計をおこなうための実践的な知識と能力は、研究という分野のみならず、現代社会のあらゆる場面においての活用が期待されています。

求める院生像

● 社会学に関する基礎的知識を有し、社会事象を多面的・複合的に理解しようとする人
● 社会の変化に深く関心を持ち、新しい状況を切り拓くことへの意欲が高い人
● 行政・企業などで活用できる、高度な社会調査の知識・技能を習得したい人

想定される進路

専門社会調査士として、シンクタンクの研究員、民間・公共の事業組織(調査・企画・労務など)。

開講科目一覧(履修モデル)

科目名称 区分
基礎 人間行動学特論 ○必
心理学特論
社会学特論
教育学特論
犯罪科学特講
臨床心理学特論I
臨床心理学特論II
臨床教育学特論
特別支援教育特論
発達障害教育特論
基幹 人間行動学演習 ○必
心理学研究法特論
臨床心理学研究法特論
認知心理学特論
生理心理学特論
環境心理学特論
犯罪心理学特講
精神医学特論
心身医学特論
心理療法特論
投影法特論I
投影法特論II
臨床心理面接特論I
臨床心理面接特論II
臨床心理査定演習I
臨床心理査定演習II
科目名称 区分
基幹  
学校臨床心理学特論
グループアプローチ特論
家族関係特論 ○□
社会学特論II ○□
教育社会学特論
教育学特論II
障害者教育特論
特別支援教育実践研究
教育環境学徳論
教職特別研究特論
教育制度学徳論
発達心理学特論
学級経営・学校経営学特論
社会統計学徳論
展開 修士論文指導 ○必
臨床心理基礎実習
臨床心理実習
社会調査法
データ分析法
社会調査実習
発達障害教育特別演習I
発達障害教育特別演習II
フィールド演習I
フィールド演習II
スクールインターンシップ

○必:必修科目 ○:履修モデル科目 □:履修モデル選択科目

主な科目の概要

犯罪科学特講


犯罪捜査のひとつの手段として用いられる精神生理学的虚偽検出の基本的な文献(英文の学術雑誌)を数本読んでレジメにまとめる。後半は、先行研究の問題点を発見し、それを解決するような実験計画を立てて、実際に実験を行い、結果を統計学的な手法で分析して、報告書にまとめる。

社会学特論Ⅰ


20世紀は激動の世紀といわれているが、最も大きく変化したもののひとつに女性の生き方がある。講義では<女性><家庭><社会>の3つをキーワードに、20世紀日本の社会変動について考察する。女性の生活の、何が変わり、どこが変わらず保持されているのか。男女共同参画社会の実現に向けて、女性と男性のありようの現状と課題を明らかにし、解決法をさぐる。

心理学特論


本特論では、現代の科学的心理学が依拠する実証主義の限界と問題点を踏まえ、現象学的心理学によるユニークな視点やアプローチの方法を取り上げ、「今ここに生きる人間」をとらえることについて深く考察し、あるがままにとらえることについて理解を深める。

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.