特色ある教育
    ホーム>学部・学科>人間科学部 人間心理学科>最新情報>【人間心理学科】学生リーダー養成プログラム実施報告

    【人間心理学科】学生リーダー養成プログラム実施報告

    本プログラムは、学生メンター経験者やCOCをはじめ学内活動に貢献している学生を対象としたエリートプログラムです。
    プログラムのミッションは、大きく分けて2つありました。


    ①参加者が自身のリーダーシップ能力の涵養
    ②高校生に対する「Teaching is Learning」の実践による高大連携


    ②のミッションは、県立三木東高等学校・関西国際大学とのコラボ企画として大学生による高校生に対する「ソーシャルスキル実践」をテーマに「Teaching is Learning」を行うものです。


    【大学生による高校生に対するTeaching is Learning実践の概要】


    実施日時:2018年1月22日(月)13:15〜 
    場所:兵庫県立三木東高等学校
    対象:三木東高等学校総合学科の1年生全員
    内容:「ソーシャルスキル教育の授業実践」50分、2コマ


    13名の履修者が、全10クラスに分かれてそれぞれ約20名の高校生を対象に、対人関係を円滑にすすめるための「ソーシャルスキル」について、これまで学んできた心理学の知識をもとに高校生に授業を行いました。

    10月~当日までの約4カ月の間に講義時間内、講義時間外にもディスカッションを重ね、全員で1つの授業案を作成し、本番に挑みました。
    おおまかには以下の2つの授業内容です。
    1コマ目は、人がどれほど人について偏見などを抱きやすいかを気づいてもらうワーク
    2コマ目は、日頃あまり考えずに生活をしている非言語的コミュニケーション(身振り、手ぶりなど)の大切さを気づいてもらうワーク


    高校生からは
    「どれだけ偏見を持って生活をしてしまっているのか、ジェスチャーなどの大切さに気づかされました。」
    「今日教えてもらったことを大切にしていきたいです」「心理学に興味を持ちました」などの感想が寄せられ、授業満足度は高いものでした。


    【振り返り】


    日時:2018年1月27日(土)
    10月~今日までで、何ができて何ができなかったのか、反省点・できるようになったこと・当日の感想など、この授業における想いをそれぞれが語り、本プログラムは終了しました。


    ~学生の感想の一部~
    学生リーダー養成プログラムを受講して多くの成長ができた。特に、グループやみんなでの話し合いを重ね、自分の思っていることなどを相手に伝えられるようになったと実感している。
    チームで協力し、役割をそれぞれ割り振り達成することができたと思う。チームのみんなで高め合い、よりよい授業ができたと感じている。
    このように、みんなでベストの授業をするために様々なアイデアを出したりしたことで、無事に授業を行う事もでき、高校生にも楽しんでもらえた。授業を通して心理学に興味を持ってもらえ、途中しんどいこともあったがやりきってよかったと思う。

    事前準備.JPG

    授業風景①.JPG

    授業風景②.jpg

    振り返り.JPG

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.