ホーム>学部・学科>人間科学部 人間心理学科>人間心理学科“三つの方針”

人間心理学科“三つの方針”

 平成28年3月31日付文部科学省高等教育局長より通知のあった「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布について」を受け、本学では三つの方針を策定致しました。

 今回の改正は、大学及び高等専門学校が、自らの教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確化した上で、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うとともに、当該大学等の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施することにより、その使命をよりよく果たすことができるよう、全ての大学等において、その教育上の目的を踏まえて、「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」及び「入学者の受入れに関する方針」(三つの方針)を策定し、公表することを求めるものとなります。

人間心理学科学科“三つの方針”(2016年4月1日改定)

1. 卒業認定・学位授与の方針(DP)

 人間心理学科(以下、「本学科」という)では、本学の課程を修め、126単位の単位修得と必修等の条件を充たしたうえで、グローバルな視野に立った教養と心理学に関する専門知識・技能を修得し、次のような能力・資質を備えた人物に学位を授与します。

(1)自律的で意欲的な態度(自律性)
自分の目標をもち、その実現のために、自ら考え、意欲的に行動するとともに、自らを律しつつ、自分の行動には責任が伴うことを自覚できる。


(2)社会や他者に能動的に貢献する姿勢(社会的貢献性)
社会や他者のために主体的・積極的に行動し、貢献することができる。


(3) 多様な文化や背景を理解し受け入れる能力(多様性理解)
心と行動の多様性と可塑性を理解し、他者に対する共感的な感覚や態度を身につけ、社会や世界の一員として考え、行動できる。


(4) 問題発見・解決力
状況に応じて、情報ツールを活用して情報収集や情報分析ができ、心理学的測定法と心理アセスメント、心理学実験の修得な知識を有し、質問紙や実験的手法等を用いて調査し、客観的なデータに基づいて、問題を発見したり、解決のアイデアを構想したりすることができる。


(5)コミュニケーション能力
人間に共通する心的作用や行動パターンから心と行動の普遍性を理解したうえで、 対人コミュニケーション能力に優れ、様々な人々と協働して問題解決にあたることができる。


(6)専門的知識・技能 の活用力
心理学に関して、心を生み出す仕組み(機構)と心理学 の諸理論の基本的理解と、客観的なデータ分析結果を実証的に活用することができる。

  • 2. 教育課程編成の方針(CP)
     本学科では卒業認定・学位授与の方針に掲げる目標を達成するために、共通教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の難易度を表現する番号をふるナンバリングを行い、カリキュラムの構造をわかりやすく明示します。
     教育内容、教育方法、教育評価については以下のように方針を定めます。

    • 1)教育内容
      (1) 人間学総合教育科目では、幅広い教養や様々な立場におけるものの見方の獲得を目的とし、必修科目「人間学」を中心に、人間の生活についての現状と課題について、基本的な視点と考え方を知り、自らが考える経験を図ります。また、「人間の理解」、「社会と生活」、「科学と生活」の 3 領域の履修を通して、現代社会における広範な問題の理解のための基本的視点・考え方を学びます。さらにそれらの学びを生かし、自らのキャリアを考えるキャリア教育科目を学びます。

    • (2) コモンベーシックス科目群では、初年次教育をとおし、大学への適応をはかり、大学における基本的な学習スキルと社会に出てからのコミュニケーション・スキルを修得します。学習技術、コンピュータ技術などを通して、情報収集を含むコミュニケーション能力の獲得を図ります。

    • (3)語学教育においては英語教育において習熟度に基づくクラス編成をとり、定期的に外部テストを用いて習熟度を確認し、学生自身の学修進度にあった英語力の育成をはかります。

    • (4)心を生み出す機構や心と行動の多様性と可塑性を理解し、これに対応する心理学の諸理論を知り、さらに人間に共通する心的作用や行動パターンを通じて心と行動の普遍性を理解するため、1年次から4年次まで講義科目、演習科目、学外での体験学修科目を段階的かつ重層的に配当します。

    • (5)心理学の専門教育科目を学修するにあたり、2年次より臨床心理学コース、犯罪心理学コース、スポーツ心理学コース、キャリア心理学コースの4コースに沿って、体系性・順序性を踏まえた科目を配当します。

    • (6)実験・測定・調査の方法論を実際の現象に適用して客観的にデータ分析することを学ぶため、学生自らこれらの方法論の演習や統計学等による分析の学びを通じてデータを客観的にとらえ心理学を社会で活用するために実践的に学修します。

    (7)1年次もしくは2年次前半には地域における奉仕体験活動を通して地域の問題を理解し解決を探るサービスラーニングに参加し、2年次には異文化との接触・交流を通して学ぶグローバルスタディに参加し、3年次には企業を中心に社会での就労を経験するインターンシップに参加します。グローバルスタディへの参加の前にリサーチ入門を必修科目として履修します。

    (8)学生全員が「評価と実践Ⅰ」と「評価と実践Ⅱ」を履修し、評価の意義と重要性に関する知識・理解のうえに、自分自身の学修の成果に関する自己評価を行い、それを第三者に説明できるようになることが求められます。

    2)教育方法
    (9)主体的な学びの力を高めるために、アクティブラーニングを取り入れた教育方法を専門教育科目で実施します。


    (10)心理学の専門教育科目においては、教室外学修の課題を課す時期と課題の整合性・連携性をはかり、学生の学習が特定時期だけに偏らないように、計画的な学修がしやすい環境をつくります。また、形成的評価のための期中のフィードバックに努めます。


    (11) 卒業までに修得すべき汎用的能力を測るKUIS学修ベンチマークの達成度について、各学期末に学生が自己評価を行い、アドバイザー教員との面談を通して振り返りと改善を行います。


    (12)目標・記録・評価の総合的ツールである eポートフォリオを4年間かけて作成し、自己の学修成果と学生生活を自分自身で管理し、「ふりかえり」(リフレクション)を行います。

    3)教育評価
    (13)2年生終了時には、それまでの専門必修科目の水準を修得し、卒業研究を履修する基礎レベルが修得できているかを確認する「到達確認試験」を行い、不合格の者には再試験を課し、その合格を求めます。


    (14)4年間学修成果は卒業研究(必修)によって行い、複数教員によって評価ルーブリックを活用し総括的評価を行います。卒業研究の履修条件としては、履修規程に定める累積GPA、3年次までの修得単位数に加え、上記「到達確認試験」の合格を求めます。

    3. 入学者選抜の方針(AP)
     本学科は、ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーに定める教育を受けるための条件として、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

    (1) 高等学校の教育課程を幅広く修得している。


    (2) 高等学校までの履修内容のうち、「国語総合(現代文)」と「英語」を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身につけている。


    (3)身近な社会の問題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。


    (4)安全・安心な社会を作ることを望み、そのために心理学を学んで活用したいという意欲がある。


    (5)入学前教育として求められる、必要な基礎的な知識を身につけるためのeラーニングプログラムに最後まで取り組むことができる。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.