ホーム>学部・学科>保健医療学部 看護学科>修得すべき知識・技能/学びのポイント

修得すべき知識・技能/学びのポイント

修得すべき知識・技能

看護学の専門知識・技術・態度を身につけた看護専門職者を育み、地域の保健・医療を支える。

保健医療学部での学びは、1年次から4年次まで、看護師・助産師・保健師になるためのカリキュラムが満載! 学びのプロセスを追いかけながら紹介します。入学後を想像しながら読んでみてください。

学びのポイント

Point 1 看護専門職者としての人格形成

看護専門職者に求められるのは、学問的知識や技術だけではありません。誠実で感受性や共感性を備えた人物であることが求められます。患者さんや教員・学生同士など、様々な人たちとの関わりを通して、看護専門職者としてふさわしい人格形成ができるよう支援します。

Point 2 看護実践の喜び

看護実践の主体者は患者さんやその家族であり、援助を必要とする人たちです。そうした人たちに関わり何か出来る喜びを積み重ね、看護専門職者としての自覚とやりがいを学んでいけるよう支援します。

Point 3 1年次から国家試験合格までの計画的な学修

1年次から4年次まで、看護専門職者として必須となる科目を効率的に履修するカリキュラムになっています。4年次は各自が、臨地実習のまとめと卒業研究、そして国家試験受験に備える時間を計画的に取ることができるようにしています。

教員だけでなく学生同士が切磋琢磨する組織、「国試対策部会」を設け、国家試験合格を目指しています。

4年間の学びのプロセス

img001

img002

ttl_01.gif


看護の対象となる“人”を理解することを学び、コミュニケーションスキルの基礎を固めながら看護専門職者がほどこすケアの実際を熟知していきます。並行して社会人に求められる幅広い教養科目を学びます。

arrow_under.gif

ttl_02.gif


1年次で学んだ知識・技術を基礎とし、さらに各論・応用へと学びを進めます。看護対象者のさまざまな問題を解決するための看護理論・方法を身につけます。また、看護専門職者に求められる関連分野での知識を深めます。

img003

arrow_under.gif

img004

ttl_03.gif


急性・慢性・精神・小児・母性・老年・在宅などの各看護学を実践的に学びます。それぞれの専門領域をカバーしながら、専門知識・技術・態度を身につけます。臨地実習での本格的な現場学習がスタートします。

arrow_under.gif

ttl_04.gif


3年次までの学びで身につけた看護学を、将来のキャリアに直結する“専門性”を選択・追究します。学生の選択に特化した講義・演習・実習を展開し、ニーズに応えた学びを促進します。同時に国家試験受験への対策も万全の態勢でのぞみます。

img005

img006

新しく充実した設備、実践的なカリキュラムで学ぶ看護学教育

学修プロセスに基づいて設計された、保健医療学部専用の看護学実習棟で確かな学びを実感する

2013年、保健医療学部開設時に新築した「看護学実習棟」には4つの実習室を配備するとともに「スキルスラボ」というシミュレーションモデルによるフィジカルアセスメント※技術・ナーシングスキルを実践的に身につけるための施設を設けました。さらに、図書館機能を充実させ、これからの看護学教育を視野に入れた、充実した学びの環境を提供します。 

※フィジカルアセスメント:患者の身体をさまざまな医療機器・ツール(聴診器など)を使って、直接に患者の身体的状況を検査・分析・把握すること。


knowledge001.jpg

1階 ラウンジ

1階フロアには第1看護学実習室、学生ロッカー室、ラウンジがあります。第1看護学実習室には22台のベッドが完備され、学生ロッカーは防犯など安全面に配慮した設備が整っています。全体が吹き抜けの構造となっているラウンジは、大きな窓から太陽の光が降り注ぎ、明るく開放感のある空間となっています。

knowledge002.jpg

2階 第2看護学実習室

2階には第2看護学実習室、スキルスラボ、演習室や研究室があります。

第2看護学実習室にはベッドが12台配置され、主に成人看護に必要な看護技術の演習を行います。実習室の一角には実習病院の病室を再現したコーナーが設けられ、臨地実習を見据えた演習を行うことができます。

knowledge003.jpg

2階 スキルスラボ

スキルスラボには、フィジカルアセスメント技術の向上のための最新鋭の全身モデルが2台と人体模型などがあります。ここでは、看護師に必要な技術をモデルや模型などを用いて様々な方法で練習することができます。

knowledge004.jpg

3階 第3看護学実習室

3階には、家族支援領域で演習をする第3看護学実習室があります。小児用ベッド、沐浴人形、分娩台や陣痛計、保育器など臨床に近い環境で学内演習をすることができます。また、卒業研究やゼミ等で使用できる研究室や演習室があるため、少人数での丁寧な指導が受けられます。

knowledge005.jpg

4階 第4看護学実習室

生活支援看護学実習室には、和室、トイレ、台所、風呂が配備され、患者の自宅を想定した生活援助の技術を修得できます。また8室のカンファレンスル-ム、演習室を配備し、少人数での学修や技術演習を可能にしています。

knowledge006.jpg

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.