学科の特長

中核となる実習施設「北播磨総合医療センター」との連携・協働が生み出す実践的な学び。

関西国際大学三木キャンパスがある兵庫県三木市と隣接する小野市にある2つの市民病院は、高度医療に対応した「北播磨総合医療センター」として2013年10月に生まれ変わりました。患者と医療人を魅きつける神戸大学病院のマグネットホスピタルを基本理念とし、医師を派遣して協力するなど、国立大学医学部と自治体との連携による市民病院の統合は全国初の試みです。 本学保健医療学部看護学科は、三木市と北播磨総合医療センター企業団(北播磨総合医療センターの設置母体)から、新たに看護専門職者を育成する教育機関の設置を、強く要請され設立しました。 三木市にある高等教育機関としての使命と、地域からの強い要請であること、また全国的な看護職員不足などを鑑み、本学は保健医療学部看護学科の新設を決意。そして、2011年4月に、本学と三木市、北播磨総合医療センター企業団は、「関西国際大学 (仮称)保健医療学部看護学科の設置及び運営に関する協定書」を締結しました。 関西国際大学保健医療学部看護学科は、地域の保健と医療に貢献するために、新しい学びの場として2013年4月開設しました。 看護専門職者の育成において「臨地実習」は最重要履修科目の一つです。保健医療学部看護学科ではその臨地実習の中核施設として「北播磨総合医療センター」を位置づけ、最先端医療技術に対応した実践的な学びをめざしています。

fig_feature_01.jpg

中核となる実習施設「北播磨総合医療センター」との連携・協働が生み出す実践的な学び。

愛とは相互愛であり、人との関わりは、相互の愛と信頼があってこそ成り立ちます。この「以愛為園」(愛を以て園と為す)を、建学の精神として、学校法人濱名学院は発展してきました。関西国際大学は、この精神を受けつぎ、国家、民族、宗教、慣習の違いを超えて、世界の人々のために活躍できる“愛にあふれた人材”を育んでいます。他者の痛みを共有し、問題解決に取り組める若者こそ本学の求める人間像なのです。看護学科が「人に寄り添い“心”で看る看護専門職者の育成」をめざすのは、建学の精神を強く反映したからにほかなりません。

fig_feature_02.jpg


分野を超えた学び
本学には既存の学部・学科の分野として、心理・教育・福祉・英語・経営分野があり、授業以外にも先生方や学生たちとの出会いにより新たな学びを実感できます。


学びの仕組み
目標設定・記録・蓄積・振り返りの学びの仕組みを通して自分自身の成長を実感できます。


体験型学習
教室で学んだ知識と現場での体験を通し、またそれを繰り返す事により社会で実践できる力を身につけます。

fig_feature_03.jpg

「北播磨総合医療センター」詳細

地域の中核医療施設との連携・協働が生み出す実践的な学び北播磨総合医療センターとの連携 看護の実践力を高めるには、医療現場を教育の場とした学びが重要です。本学では地域の先進医療を担う北播磨総合医療センターを主たる実習施設とし、さらにセンターから講師を招き、医療現場に即した知識や技術を修得するための生きた学びを実践できる環境が提供されています。看護は実践の科学と言われますが、こうした大学と医療現場の密接な連携により、確実な看護実践力を身につけることが可能です。

kitaharimasougouiryou.jpg

「北播磨総合医療センター」の詳細につきましては、こちらのバナーをクリックしてください。

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.