ホーム>学部・学科>学部改編(新学部) トップページ >国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科

NEW!! 2019年4月改編

国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科

国際コミュニケーション学部

多様な人々と実践的なコミュニケーションを創造し
ビジネスや文化交流で海外との“ブリッジ(懸け橋)力”を発揮できる人材を育成

ツールとしての英語力を活用し、国際ビジネスの基本を修得したうえで、

アジア太平洋地域を中心とした多様な地域文化を理解することで、
実社会での現場マネジメントができる人材を育成します。

国際コミュニケーション学部の特色

徹底的に実践的な英語力を伸ばす!

国際的なコミュニケーションのツールである英語力とコミュニケーションの実践を学びます。
(卒業時には最低TOEIC600点以上に相当する英語力を修得できるよう、入学時から徹底した指導をおこないます。)

2年秋学期から海外留学へ!

アジア太平洋地域の協定校を中心として、半年間(希望すれば1年間)の留学プログラム(原則、留学先の学費は無償)に参加できます。(留学には条件があります。)

実社会の現場で役立つ知識や現場でのマネジメント力を修得する!

国際ビジネスの基本を学び、実務体験学修などを通じて、より実践的な課題解決能力やマネジメント力を修得します。

日本と海外の経済・経営活動、文化・観光交流の“ブリッジ(懸け橋)人材”としての力をつけます!

海外留学と国内での体験学修などを通して、アジア太平洋の地域文化を理解し、日本のことをより深く理解し、日本と海外との懸け橋として活躍ができる力を養成します。

専攻紹介

img_system_01.jpg

ビジネスコミュニケーション専攻

ビジネスについてのとらえ方と異文化との対話・交渉力を磨く

国際的なコミュニケーションに欠かせないツールである英語力はもちろん、国際ビジネスの基本を学び、留学先の地域文化について理解を深め、ビジネスの世界で海外との懸け橋となり活躍できる人材を育成します。

国際地域文化専攻

日本や太平洋地域などの文化・社会への理解を深め、海外との“ブリッジ(懸け橋)”として活躍できる力を育てる

アジア太平洋地域への留学などの体験を通じて、地域文化や価値観の違いを理解し、実践的な英語力やコミュニケーション力を伸ばし、観光や文化交流、国際貢献や国際協力の分野で活躍できる人材を育成します。

ビジネスコミュニケーション専攻 

国際地域文化専攻 

学びの流れ

 1年次 

 2年次 

 3年次 

 4年次 

英語と国際ビジネスの基礎を身につける

秋学期から海外留学へ

実践的な知識や現場のマネジメント力を修得する

大学での学びを卒業研究で統括する

国際的なコミュニケーションのツールである英語力と、国際ビジネスの基本を学びながら、将来の目標を定めます。 2年次から、具体的なキャリアを見据えて専攻を選択。秋学期以降、アジア・太平洋地域の協定校に半年(希望すれば1年間)の留学プログラムに参加します。 専門知識を深めながら、インターンシップなどの体験科目を通して、実践的な現場マネジメント力を培います。 大学での学びの総括として、専攻分野の知識や実践を活かした卒業論文を仕上げていきます。
三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

ページトップへ

FacebookYouTube

Kansai University of International Studies ©All rights reserved