ホーム>学部・学科>学部改編(新学部) トップページ >教育学部 教育福祉学科>こども学専攻(教育専修コース/教育・保育コース)

NEW!! 2019年4月改編

こども学専攻(教育専修コース/教育・保育コース)

img_major_03.jpg

教育・保育に必要な免許の複数取得と現場で役立つ実践力を育成

「教育専修コース」「教育・保育コース」の2コースから希望の進路に応じて選択。
必要な資格をめざすと同時に、多角的な視点で知識と経験を積み上げ、
現場で役立つ実践力を備えた保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を育成します。

卒業後の進路

●保育所 ●幼稚園 ●小学校 ●特別支援学校

めざす資格・免許

●保育士資格(教育・保育コースのみ) ●幼稚園教諭1種免許状※ ●小学校教諭1種免許状 ●特別支援学校教諭1種免許状※1 
●防災士

※1 本コースでは知的障害者・肢体不自由者・病弱者の3領域をめざすことができます。

※文部科学省へ申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

学びのポイント

◆体験と学びの往還を通して、こどもの心に寄り添った保育・教育を学修

こどもたちの健やかな将来を築く力を身につけるため、指導技術はもとより、発達期の心にも寄り添えるように、さまざまな視点からこどもについて学びます。
一人ひとりが志望するこどもの成長とかかわる職業に応じて、コースを選択して学びます。

◆ユニバーサルデザインされた保育・授業ができる実践力を獲得

尼崎キャンパスの都市型ロケーションを活かし、実習や教育保育インターンシップでこどもと触れ学ぶ環境を整えています。
系列幼稚園・保育園、近隣地域の小学校において、早期から多様な実践を体験し、自らの強みを身につけることができます。

◆これからの保育・教育に求められる安全・安心を実践できる専門職養成

保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭の資格に併せて、「防災士」の資格取得もめざします。
安全・安心を支える保育・教育の専門職としての付加価値を高め、自分だけの強みや個性を養います。

4年間の学びのステップ

教育目標▶グローバルな視野に立った教養と専門知識・技術を修得し、専門職として活躍できる実践力を身につけた教育・福祉の人材を養成する。

step03.png

教員からのメッセージ

吉村教授

教育・保育現場で実践を積み、様々な状況に対応できる柔軟性を身につける


吉村 啓子 教授

保育原理

■発達心理学

こども学専攻では、幼児期の教育・保育者をめざす「教育・保育コース」、初等教育教員を養成する「教育専修コース」を設置しています。いずれも、1年生から、カリキュラムにインターンシップ科目が盛り込まれ、実際の教育現場でこどもたちと触れ合いながら学びます。こどもの多様性を理解し寄り添える力を修得し、グローバル化などの時代の流れや状況の変化に、柔軟に対応できる力を身につけてほしいと思います。

[経歴]
神戸大学大学院文化学研究科社会文化専攻(心理学)博士課程単位取得満期退学。保育系の短期大学で教鞭をとり、2013年度より本学に着任。主に心理学系の科目を担当。
[著書]
『保育を学ぶ人のために(共著)』『やさしく学べる保育実践ポートフォリオ(共著)』など

Pickup科目

◆発達心理学

人は受胎からさまざまに変化していきます。その中で、心や身体の変化については「発達」ということばを使います。誕生から児童期にかけての発達的変化はとても大きいものがあります。こどもたちの発達を支援する者が、その指導を行う上で必要な心や身体の発達の理解をめざします。

◆国語Ⅰ

「こどもと言葉、新聞と読書」をテーマに、「言葉を育てる」ことを学びます。「聞く・話す・読む・書く」という言語活動について、文献や事例をもとに学ぶとともに、「読書タイムや書き取りテスト、スピーチの実践」を通して、自らの基礎的力量形成をめざします。アクティブ・ラーニングで言葉の機能が発揮されるようにします。

◆特別支援教育

障がい者を取り巻く環境に関する必要な概念や理論について、理解し説明できることをめざします。また、特別支援教育の基本的な知識を身につけ、配慮が必要なこどもたちの実態把握や対応の仕方を理解し、すべてのこどもが安心して過ごせるようなユニバーサルデザイン化された授業の方法を身につけます。

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

ページトップへ

FacebookYouTube

Kansai University of International Studies ©All rights reserved