特色ある教育
    ホーム>学部・学科>教育学部 英語コミュニケーション学科>最新情報> 【英語コミュニケーション学科】週間記録で学力向上(ゼミ紹介)

    【英語コミュニケーション学科】週間記録で学力向上(ゼミ紹介)

    3年生が履修する「専門演習3・4」では、毎週「週間記録」の提出を義務付けています。内容は、①履修科目に関する授業外学修時間数と内容、②進路のための授業外学修時間数と内容、③来週の目標、④先週の目標・その結果・振り返りを、所定のフォームに記入したexcelファイルで提出させます。


    目標は、1週間の授業外学修時間①と②の合計が最初は7時間以上、徐々に14時間(=1日平均2時間)以上に拡大した目標を掲げます。また、④では、達成できてもできなくでも、その要因・原因を探り、同じ失敗を繰り返さないようにします。これに担当者がコメントを書いたり、質問に答えたり、アドバイスを記入したファイルを返します。学生は、このファイルをeポートフォリオにフォルダを作って蓄積し、学期末には振り返りに使用します。学内でも、「評価と実践」という科目で、同様のことを実施するようになりましたが、私のゼミでは数年前から実施しています。


    1年間通して実施すると、計画・実行力が身に付き、学修時間は1週間で20時間前後にまで伸び、学習方法の改善や時間の有効利用ができるようになります。結果として、彼らのGPAも大きく上昇します。2016年度は、2年秋(=ゼミに入る前)のゼミ生平均が2.68、3年春に2.91、秋に2.97に、2017年度は2年秋が3.02、3年春3.14、3年秋3.27になりました。また昨年は、英検で準1級合格者が3名、TOEIC®で800点以上が5名出ました(内2名はAレベル860点以上)。


    毎週送られてくる週間記録を点検し、アドバイスを書くのはアドバイザーとして手間のかかることですが、ゼミ生が成長する姿を観ることで救われます。他にも、学生のモチベーションを上げるのに、ゼミバッジの配付や夏のゼミ合宿も貢献していますが、これらは別の機会に紹介します。

    (英語コミュニ−ション学科:有本ゼミ)

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.