【英語コミュニケーション学科】留学通信(台湾編)

~~ 現在、台中教育大学に交換留学中の内田涼太君(3年生)から、留学生活についてのレポートです。~~



初めのころは台湾での生活になかなか馴染めず、言語も違うという環境のなか苦労することも多かったのですが、今では心地よいと思えるほど馴染むことができ、留学生活も折り返しというところまで来ました。


私は現在、國立臺中教育大學という台湾台中市に位置する国立大学に通っています。この大学には日本が台湾を統治していた時代の建物も残っており、歴史を感じる事も出来ます。さらにこの大学は教育大学であり教育はもちろん、他にもビジネスなども学ぶことができます。私のように留学生として他国から学びに来ている学生は多いのですが、そのほとんどの学生は中国からの留学生が多いです。また、ここの大学では各留学生に1人、パートナーが付きます。そのため、安心して留学することができます。


私は、関西国際大学では教育学部英語教育学科に所属しているので教育の観点から英語を学んでいます。しかし、國立臺中教育大學では、人文学部英語学科に所属しているので異なる観点から英語を日々学習しています。この学科にも将来、英語の教師になりたいという学生がいるというのが特徴の一つです。日本と同じように台湾でも、英語は外国語なので生活していくうえで用いる言語は中国語です。しかし私が驚いたことは、学生一人一人の英語力の高さです。授業中は英語だけ話すということはもちろんのこと、授業と授業の間の休憩時間でさえも英語で会話する学生も見られます。こういった場面を見るたびに、もっと意欲的に英語を話そうと思うことが多いです。


いま履修している科目は英語学科での授業と”General Education”という授業の二つに分けられます。この”General Education”という授業は、学部学科関係なく授業を履修することができます。全ての留学生は台湾に関する授業を一つ履修しなければなりません。その中で選んだ授業は”Taiwanese Proverbs”という授業で台湾語の諺を学んでいます。授業は中国語で行われるので理解することがとても大変で、理解できないこともあります。しかし、先生や学生たちが親切に教えてくれているのでなんとか頑張っています。また関西国際大学のアクティブラーニングと同じように英語学科での授業では、スピーチやプレゼンテーションなどを通して、たくさん英語を話す機会も多く、経験しながら学ぶことができています。さらに、台湾で生活する上で大切な中国語は、この大学が運営している”Chinese Language Center”というところで学習しています。中国語の発音、また基本文法などを基礎から勉強しています。また、習ったことを実際に台湾での生活で使ってみたり、友達に聞いてもらったりしながら頑張っています。


半年間という限られた期間の交換留学ですが、悔いが残らぬように精一杯努力し、様々なことにこれからも挑戦していきたいです。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.