英語教育学科“三つの方針”

※2017年度より教育学部 英語コミュニケーション学科に名称変更


 平成28年3月31日付文部科学省高等教育局長より通知のあった「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布について」を受け、本学では三つの方針を策定致しました。

 今回の改正は、大学及び高等専門学校が、自らの教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確化した上で、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うとともに、当該大学等の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施することにより、その使命をよりよく果たすことができるよう、全ての大学等において、その教育上の目的を踏まえて、「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」及び「入学者の受入れに関する方針」(三つの方針)を策定し、公表することを求めるものとなります。

英語教育学科“三つの方針”(2016年4月1日改定)

1. 卒業認定・学位授与の方針(DP)

 英語教育学科(以下、「本学科」という)では、本学の課程を修め、126単位の単位修得と必修等の条件を充たしたうえで、グローバルな視野に立った教養と専門知識・技術を修得し、次のような能力・資質を備えそれらの力を状況に応じ総合的に活用することができる人物に学位を授与します。

(1)自律的で意欲的な態度(自律性)
自分の目標をもち、その実現のために、自ら考え、意欲的に行動するとともに、自らを律しつつ、自分の行動には責任が伴うことを自覚できる。


(2)社会や他者に能動的に貢献する姿勢(社会的貢献性)
社会の決まりごとを大切に考え、社会や他者のために勇気をもって行動し、貢献することができる。


(3) 多様な文化や背景を理解し受け入れる能力(多様性理解)
世界の多様な人々や社会について理解を深め、他者に対する共感的な感覚や態度を身につけ、世界の一員として考え、行動できる。


(4) 問題発見・解決力
状況に応じて、情報ツールを活用し、情報収集や情報分析ができ、問題を発見したり、解決のアイデアを構想したりする思考力や判断力を身につけ、問題を解決することができる。


(5) 日本語のコミュニケーション能力
国内外を問わず、社会生活を営む上で、他人の思いや考えを受け止め、理解するとともに、自分の思いや考えを的確に表現し、意見を交わすことができる。


(6)英語のコミュニケーション能力
英語を用いて、日常生活や仕事に必要なコミュニケーションをとることができる。資料を理解し、必要な情報を読み取ることができ、英語での討論や意見交換ができる(CEFR-B2レベル程度)*    
*ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages)

語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格

  • 2. 教育課程編成の方針(CP)
     本学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育内容・教育方法・教育評価の方針に基づき、カリキュラム編成と授業の実施を行います。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の難易度を表現する番号をふるナンバリングを行い、カリキュラムの構造をわかりやすく明示します。
    • 1)教育内容
      (1) 4年間を通した学修の基礎となる共通教育においては、必修科目「人間学」を中心に「人間の理解」、「社会と生活」、「科学と生活」の 3 領域の履修を通して、現代社会における広範な問題の理解のための基本的視点・考え方を学びます。さらにそれらの学びを生かし、自らのキャリアを考えるキャリア教育科目を学びます。

    • (2)コモンベーシックス科目群では、初年次教育をとおし、大学への適応をはかり、大学における基本的な学習スキルと社会に出てからのコミュニケーション・スキルを修得します。学習技術、コンピュータ技術、外国語科目などを通して、情報収集を含むコミュニケーション能力の獲得をはかります。

    • (3)英語に関する専門教育科目については、1年次から4年次にかけて。1年次には、とくに英語力を養う基礎科目を中心に、2年次からは英語を活用したコミュニケーション能力を育成するために、4技能(聞く・読む・書く・話す)を組合せた内容を学修します。

    • (4)2年次以降は、英語を活用してコミュニケーションを展開する国際社会や文化や経済に関する基幹科目、進路の方向性(教育、観光等のビジネス)に合わせた展開科目を履修します。

    • (5)社会の課題を自己のものとしてとらえ、考え、発信するための国外や地域における体験学習(グローバルスタディ、サービスラーニング、インターンシップ)を2つ以上履修します。

    • (6)(5)のうち、1年次には地域に根ざした活動(コミュニティスタディ)に参加し、1年次もしくは2年次に、海外プログラム(グローバルスタディ)を履修します。英語を主に用いる職業を目指す学生は、3年次終了までに、2回以上の海外渡航プログラム(グローバルスタディ)の参加を求められます。その履修にあたりアジアを含むACPプログラム等への参加、および6ヶ月以上の交換留学を奨励します。

    • (7)学生全員が「評価と実践Ⅰ」と「評価と実践Ⅱ」を履修し、評価の意義と重要性に関する知識・理解のうえに、自分自身の学修の成果に関する自己評価を行い、それを第三者に説明できるようになることが求められます。

    2)教育方法
    (8)主体的な学びの力を高めるためにアクティブラーニングを取り入れた教育方法を専門教育科目で実施します。


    (9)専門教育科目においては、教室外学修の課題について教育効果を上げるために教員間の連携をはかり、形成的評価のために学期中のフィードバックに努めます。


    (10)4年間を通じ、英語力の定期的な外部テストの受験と、KUISポータルを用いた語学自己学習の結果を用い、英語運用能力の継続的なモニタリングを行い、習熟度に応じた「ふりかえり」と改善を図ります。


    (11)英語専門教育科目においては、毎学期外部テスト 等の客観的指標をもとにレベル別にクラスの編成を行い、自分のレベルに応じた科目を履修します。これらの科目では、英語による授業を受けます。


    (12)各学期末にKUIS学修ベンチマークの達成度につ いて、学生による自己評価を行い、アドバイザー教 員との面談を通し、「ふりかえり」を行います。


    (13)目標・記録・評価の総合的ツールであるeポート フォリオの作成が奨励されます。

    3)教育評価
    (14) 2年生終了時には、それまでの専門必修科目の水準を修得し、卒業研究を履修する基礎レベルが修得できているかを確認する「到達確認試験」を行い、不合格の者には再試験を課し、その合格を求めます。


    (15) 4年間の学修成果は卒業研究(必修)によって行い、複数教員によって評価ルーブリックを活用し総括的評価を行います。卒業研究の履修条件としては、履修規程に定める累積GPA、3年次までの修得単位数に加え、上記「到達確認試験」の合格を求めます。

    3. 入学者選抜の方針(AP)
     本学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

    (1)高等学校の教育課程を幅広く修得している。


    (2)教員等の語学教育や海外の人々に関わる仕事に就く意欲がある。


    (3)基本的な英語力及び日本語運用力と表現力を身に付けている、具体的には、英語で日常の簡単な挨拶や自分の身の回りのことを書いたり話したり、ある程度まとまった英文を読み理解できるなど、日本英語検定準2級に相当する英語運用能力を入学までに身につけている。日本語は、漢字検定3級程度を背景とした文章読解力、課題に応じた内容をまとめる力などの表現力を身につけている。


    (4)身近な社会の問題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。


    (5)課外活動やボランティア活動等の経験があり、他人のために働くことができる、また、グループワークなどで、他の人と協力しながら、課題をやり遂げる意欲がある。


    (6)入学前教育として求められるeラーニングプログラムに最後まで取り組むことができる。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.