ホーム>学部・学科>学部・学科の教育研究上の目的>教育福祉学科の教育研究上の目的

教育福祉学科の教育研究上の目的

本学科では、グローバル化が進行する社会において求められる世界市民としての汎用的な知識、技能、態度・志向性を身につけ、教育や福祉の学びを通して、一人ひとりの立場を理解し、人間愛にあふれた専門的職業人となることをめざす。(教育学部学部規則第3条)

教育福祉学科の教育目標

共通教育科目を通じて、自律性、社会的貢献性、世界市民としての自覚、問題解決能力、コミュニケーション能力、といったKUIS学修ベンチマークに掲げたグローバルな環境に適応し社会に貢献するため必要な基礎的な力を身につける。 専門教育科目を通じて、これらの力をさらに伸ばすとともに、以下の力を総合的に活用でできることをめざす。

  1. 教育や福祉に関する様々な研究方法を活用し、教育・社会事象を理解し、分析できる。
  2. 教育・社会事象に関して、教育学や社会福祉学の体系的な知識を使って理論的に説明できる。
  3. 教育や福祉の理念に基づいた円滑な対人関係を形成していくためのコミュニケーション力を獲得し、実践できる。
  4. 知り得た知識、経験を総合化し、まとめることができる。
目標 レベル4 レベル3 レベル2 レベル1
複数の研究方法を活用し、教育・社会事象を理解し、説明することができる  教育・社会事象について、複数の研究方法を有効に組み合わせて分析し、説明することができる 自分が関心を持った教育・社会事象について、適切な教育や福祉の研究方法を選んで、説明することができる 教育・社会事象を、教育や福祉の観点から、特定の研究方法を使って説明することができる 教育・社会事象を、教育や福祉の観点から研究する方法を複数知っている
教育・社会事象に関して、教育学や社会福祉学の体系的な知識を使って理論的に説明し、実践を改善する方策を提案することができる 教育・社会事象に関して、専攻する教育学または社会福祉学を含む体系的な知識を活用して理論的に説明し、実践的内容について改善する方策を提案することができる 自分が研究関心を持った現実の教育・社会事象を、専攻する教育学または社会福祉学の体系的な知識や理論を用いて、説明することができる 特定の教育・社会事象について、教育学や社会福祉学の概念や理論を用いて説明することができる 教育・社会事象についての説明に必要な、教育や福祉の基本的な概念や理論について、理解し説明することができる
教育や福祉の場面において必要となるコミュニケーション力を獲得し、円滑な人間関係を構築することができる 教育や福祉の場面で多様な人たちとの対人関係において必要となるコミュニケーション力を獲得し、どのような場面でも円滑な人間関係を構築することができる  教育や福祉に関わる場面で必要とされる対人関係を、円滑に形成していくためのコミュニケーション力を、実習等の場面で発揮し実践することができる 教育や福祉に関わる円滑な対人関係を形成していくために必要なコミュニケーション力とはどのようなものであるか理解し、教室内のグループワーク等で活用することができる 基本的なコミュニケーション力とその具体的な技法について理解し、一定条件のもとで実践することができる
知り得た知識、経験を総合化し、実際の生活で活用することができる 知識・経験・振り返りの成果を総合化し、体系的にまとめた上で、生活上の具体的な問題の解決に活用することができる 教室内外で学習した知識と、自らの経験とその振り返りの成果を総合化し、体系的にまとめることができる  教室内外で学習した知識と実習などの経験を結び付けて振り返り、定められた形式でまとめることができる これまでに学習した知識や経験をまとめて、学修ポートフォリオ等に記録としてまとめ、自己分析をすることができる

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.