ホーム>学部・学科>学部・学科の教育研究上の目的>人間心理学科の教育研究上の目的

人間心理学科の教育研究上の目的

本学科では、共通教育科目の学習と心理学の知識や人間に対する科学的なとらえ方を学ぶことを通じて、グローバルな環境に適応し社会に貢献するための基礎的な力を身につけ、世のため人のために能動的に活動できる能力を修得することを目的とする。(人間科学部学部規則第3条)

人間心理学科の教育目標

共通教育科目を通じて、自律性、社会的貢献性、世界市民としての自覚、問題解決能力、コミュニケーション能力、といったKUIS学修ベンチマークに掲げたグローバルな環境に適応し社会に貢献するために必要な基礎的な力を身につける。専門教育科目を通じて、これらの力をさらに伸ばすとともに、以下の力を総合的に活用できることをめざす。

  1. 心理学的な視点と理論に基づき、人間の心理を客観的に理解できる
  2. 人間の心理的・社会的問題を実証的に把握できる
  3. 人間についての幅広い専門知識を用いて対象者を多面的にとらえ、論理的思考に基づいて看護問題・課題を考えることができる。
  4. 集団行動のメカニズムを理解し、自らが社会に参画して貢献できる
  5. 知り得た知識、経験を総合化し、まとめることができる
目標 レベル4 レベル3 レベル2 レベル1
心理学的な視点と理論に基づき、人間の心理を客観的に説明することができる 人間の心理的諸現象に対し複数の理論を適用して説明した上で最適な解釈を提言できる 人間の心理的諸現象に対し個別の理論を適用して説明できる 心理学の主要な理論が理解でき、説明できる 心理学の概念と専門用語が理解できる
人間の心理的・社会的問題を実証的に把握できる 人間の心理的・社会的諸問題を実証的方法で把握・分析し、その問題の解決に向けた方策を提言できる 人間の心理的・社会的諸問題を適切な方法で実証的に把握し、分析できる 与えられた課題に対し科学的データ収集を設計・実施できる 人間の心理的・社会的諸問題を客観的に捉える方法について理解できる
集団行動のメカニズムを理解し、コミュニケーションを取ることができ、集団をマネジメントできる 集団行動を通じて問題を発見し、その解決方法を提案した上で、実際にグループをマネジメントして解決策を実践できる 集団行動を通じて問題を発見し、問題解決の方法を提案できる 集団行動を通じて問題を発見し、集団内における自分自身の持ち味を理解できる 与えられた課題の解決に必要な集団行動を取ることができる
知り得た知識、経験を総合化し、実際の生活で活用できる 知識・経験・振り返りの成果を総合化し、体系的にまとめた上で、生活上の具体的な問題の解決に活用することができる 教室内外で学修した知識と、自らの経験とその振り返りの成果を総合化し、体系的にまとめることができる 教室内外で学修した知識と実習等の経験を結び付けて振り返り、定められた形式でまとめることができる これまでに学修した知識や経験をまとめて、学修ポートフォリオ等に記録としてまとめ、自己分析をすることができる

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.