特色ある教育
    ホーム>施設・サービス>最新情報>【コミュニティ交流総合センター】公開講座「巨大地震から生きのびる」を開催しました

    【コミュニティ交流総合センター】公開講座「巨大地震から生きのびる」を開催しました

    2017年9月16日、三木キャンパスにおいて安全・安心シリーズ講演会「巨大地震から生きのびる」を実施しました。講師は、セーフティマネジメント教育研究センター長の村田昌彦先生(グローバル教育推進機構 教授)、台風が近づく中、気象状況や来学の安全を確認しながらの開催となりましたが、近隣にお住まいの7名が参加されました。
     
    講座では、これまでの地震災害からわが国が学んできたこと、それらを今後どのように活かしていくのか、また兵庫県が発信する地震情報や三木のハザードマップについて、村田教授が解説しました。

    質疑応答は、参加されたみなさんが発言される、活発なものとなりました。


    【主なご質問】
    ・三宮などに出かけたときに被災したら、まずどうしたらよいのか。
    ・高層建築は充分に地震対策をされているのか。
    ・地域で防災訓練をしていてもマンネリ化する。どんな取り組みがよいか。
    ・地震の予測はできないものなのか。
    ・熊本ではなぜ前震と本震が起きたのか


    参加された方の多くは、阪神・淡路大震災の体験から自宅の家具固定など対策済、3名が防災士でした。今後、本学の学生防災士の活動も含め、地域の防災力向上に向けたさまざまなプログラムで交流を深めていけるのが楽しみです。

    公開講座

    公開講座は、今後次のとおり開催予定です(チラシPDF)。ご参加をお待ちしております。


    【暮らしや危機管理関係】
    ①「人間のハラハラドキドキを測定する~大学の研究室で生理心理学を学ぼう~」
    講師:中山 誠(関西国際大学 人間科学部 教授)

    10月1日(日)11:00~15:00 4号館4F心理学実験室
    対象:高校生


    ② 「食生活と安全・安心」

    講師:松原 茂仁(関西国際大学 人間科学部 准教授

    10月1日(日)14:50~16:20 1号館4F405教室

    ③ 「「食育」から考える安全・安心」

    10月20日(金)14:50~16:20 1号館4F405教室

    講師:齋藤 優子 氏(コープこうべ 教育学習センター)


    申込先:exc@kuins.ac.jp 社会連携課 公開講座担当

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.