My Career

教育学部 教育福祉学科

教育学部 英語教育学科

人間科学部 経営学科

人間科学部 人間心理学科

影山さん
たくさんの先生方が、納得のいくまで
分からない所を教えてくださいました。


 私が保育士を目指したきっかけは、保育所時代にあります。早生まれで体も小さい上に、人見知りが激しかった私に対して、大好きだった保育士さんは、どんな時も信じて温かく見守ってくださいました。保育士さんとの思い出や保育所で経験したことが、今でも私の中で支えになっています。そうした経験より、私も大好きだった保育士さんのようになりたいと思い、保育士を目指しました。


 私は主に先生方の研究室前で個人勉強をしました。分からないところがあると、その都度質問し、納得がいくまで教えていただくという形をとっていました。面接練習では、キャリアサポート室で基礎から内容の添削などお世話になりました。公立保育士採用試験は、出題範囲も広い上に過去問もなく対策がしにくいですが、しっかりと情報収集をしたり、勉強をしたり、頑張ったら頑張った分だけ結果はついてくると思います。


 先生や同じ夢に向かって頑張っている仲間と共に、時には助け合って乗り切ってください。来年から幼い頃からの夢だった保育士として働けることを本当に嬉しく思っています。笑顔と感謝の気持ちを大切に、子どもにも保護者にも安心してもらえるような保育士になりたいと思います。

bar_wing.gif

大嶋さん
講義を受けていく中で、
自分の意見を堂々と主張できるようになりました。


 私が小学校教諭を志望した理由は大きく分けて二つあります。一つめは小学4年生の時に出会った全力で向き合う先生の姿。二つめは、実際に教育現場に出て学んだことです。1年生のときからスクールサポーターとして現場へ行き、子どもたちとかかわった経験から、先生という職業が憧れから目標に変わりました。


 私の考える関西国際大学の一番の学びは、アクティブラーニングです。1年時より、ただ座って学ぶ講義ではなく、グループワークやプレゼンテーションを用いた講義を受講できます。自己主張することが苦手だった私は、講義を受けることで、自分の意見を堂々と主張できるようになりました。また、センタープログラムでは素晴らしいサポートを受けました。筆記試験に必要な教職教養や一般教養はもちろん、面接や模擬授業も一から学べる、教員志望者には必要不可欠なプログラムです。教育現場に精通している先生方が教えてくださるため、何よりも合格への近道になると思います。


 小学校教諭として働く上で、常に「学び続ける」という考えを持ちたいと思っています。先輩に学び、子どもたちに学び、自分自身を一回りも二回りも成長させていきたいと思います。

bar_wing.gif

阪本さん
仲間と互いに高め合って頑張れたことが、
合格に結びついたと思います。

 小学校教諭を目指したきっかけは、小学校3年生の時の担任の先生との出会いです。その先生は厳しさの中にも優しさがあり、そしていつも明るく前向きに子どもの目線に立って物事を考えてくれました。その姿から、私も喜びや悔しさを通して、子どもたちの成長の瞬間に関わりたいと思うようになりました。またスクールサポーターとしての活動の中で、子どもたちと真摯に向き合う先生方の姿を拝見し、教員という仕事のやりがいや魅力を感じるようになりました。

 関西国際大学では日々の講義に加え、センタープログラムというものがあります。そこでは各専門科目の勉強、小論文、面接練習、模擬授業、実技など、それぞれの先生方のサポートのもと、ひとつひとつ丁寧に教えていただきました。仲間とともに様々なプログラムに参加し、互いにアドバイスし合いながら最後まで頑張れたことが合格に結びついたと思います。

 春からは小学校教諭として、「周囲の方々と協力しながら、子どもの成長を支える教師」を目指し、日々努力をしていきたいです。また常に学び続け、喜びや葛藤の瞬間も共に感じ、考え、成長できる人間でありたいと思います。

bar_wing.gif

森さん
当たり前の様に感じていた取組が、
実は貴重な経験であり、私の強みにもなりました


 元々子どもと関わることは好きでしたが、入学した頃は小学校の先生になるという明確な気持ちはありませんでした。しかし1年生の時にインターンシップに参加し、楽しそうな先生や子どもたちを目の前で見て、小学校の先生に憧れを抱きました。その後もボランティアや教育実習の中で、毎回丁寧に指導してくださる優しい先生方と巡り合い、このような素敵な先生方と一緒に仕事がしたいと思うようになりました。

 採用試験にあたっては、センタープログラムが大きな支えになったと思います。授業のない期間でも、先生方が毎日のように面接や実技などの指導をしてくださいました。また、当たり前の様に感じていた関西国際大学でのグローバルスタディやアクティブラーニングなどの取組が、実はとても貴重な経験であり、自分の強みとして生かすことができました。

 今の私には、子どもたちの前に立ち一人でやっていけるのかという不安があります。しかしその分、私にはまだまだ成長できるところがあると思っています。子どもたちと一緒に学び続け、常に成長できる先生でありたいと思います。また同じ道に進み、困った時に助け合える本当の仲間を、これからも大切にしていきたいです。

bar_wing.gif

宮本さん
周りの先生や友達、先輩に話すことで視野が広がり、
冷静な判断ができるようになりました。


 化粧品に携わりながら人を笑顔にしたいという思いから、美容業界を選びました。初めて百貨店の化粧品売場で美容部員の方に接客をしていただいた際、私の悩みを親身に聞いてくださったことや、肌悩みが改善したことに感動し興味を持ったことがきっかけです。

 キャリアサポート室の勧めで、就職活動が本格的に始まる直前に面接対策講座に参加したことが自信に繋がりました。企業から来られた人事の方の前で、一人ずつ実際に自己PRをするという本番と同じような緊張感のある場で、アドバイスをいただいたり、集団面接での挨拶の仕方などを習ったり。その場で学んだことがそのまま就職活動で生かすことができたので、参加して本当に良かったと思っています。

 今は自分の大好きな化粧品を通し、人を綺麗にすることで、喜びや楽しさを感じられる仕事ができるということが、とても楽しみでわくわくしています。入社後は美容の知識をコツコツ学び、目の前の課題を見つけながら接客技術を身につけたいです。教育福祉学科で学んだことを生かし、一人一人の悩みに寄り添い、相手が何を望んでいるのかを考え、引き出せるような美容部員を目指したいと思っています。

bar_wing.gif

深川さん
大学での経験は必ず力になります!
自信をもって挑戦してください。


 私は大学入学当初から医療ソーシャルワーカーになりたいと考えていました。専門職として患者一人一人のニーズを把握するだけでなく、地域の問題や、その問題解決のための取組実績も多いこの法人なら、自分が思い描くような専門職として成長できると思い応募しました。

 大学で培ってきた学内外での経験は強みに繋がったと思います。積極的にサービスラーニングやボランティアを経験したことが自信となり、エントリーシートや面接で自分の強みを述べる時に大変役立ちました。またキャリアサポート室も頻繁に利用していました。キャリアサポート室の先生方にエントリーシートの確認や、面接練習をしていただくことで、自身を客観的に見つめなおすことができました。また、先生方の励ましや情報提供があったからこそ最後まであきらめずに挑戦できたと感じています。大学での経験は必ず力になります!自信をもって挑戦してください。

 まずはしっかりと仕事ができるよう、一職員として成長していきたいと考えています。理想と現実のギャップに悩むこともあると思いますが、すべてが自分自身の成長につながると捉え、何が最善であるのか、何ができるのかを考えながら頑張りたいと思います。

bar_wing.gif

陽川さん
学びの中で自信を持てるようになったこと。
それが内定に結びついた理由だと思います。
 


 「人と関わる仕事がしたい」という思いを持ちながらも、特にしたいことがなく焦りもありませんでした。そんな中、参加した学内説明会で魅かれたのがブライダルの企業でした。その時から私はブライダル業界だけを志望し、就職活動をしていきました。


 大学ではビジネスマナーを学べる授業を受講したことにより、面接時に緊張することなく自分らしさを出せ、楽しむことができたのだと考えています。この授業では、お辞儀の仕方や面接時の入退室の仕方、電話のかけ方などビジネスにおける様々な知識を得ることができ、それが自信につながりました。また、就職活動時においてもキャリアサポート室の方が自己PRのチェックや面接練習をしてくださるなど、献身的にサポートしてくださいました。自信を持てるようになったこと、これが内定に結びついた一番の理由だと思います。

 入社後にはお客様の立場に立ち、お二人に合った結婚式の提案ができるようになりたいと思っています。新郎新婦様と約1年から1年半かけて結婚式を創り上げていきますので、お二人の心の奥底までを考えることのできるプランナーを目指したいと思います。

bar_wing.gif

浜口さん
充実した学びとグローバルスタディでの経験が、
成長のきっかけとなりました。


 私にとって就職活動は苦ではなく、とても楽しいものでした。毎日新しい価値観を持った人に出会うことができ、また自身の強み弱みを理解することによって、自分に自信が持てるようにもなりました。就職活動を通して一番大事だと感じたのが行動力です。自分から動かなければ何も始まりません。


  グローバル化がどんどん進んでいく中で英語は必要不可欠。英語教育学科ではその英語をしっかり勉強でき、自信を持って話せると言えるまで学ぶことができました。最近では様々な企業が東南アジアに拠点を置いているので、グローバルスタディでタイに行ったことも評価を得られた点だと思います。充実した英語教育の学びとグローバルスタディでの経験。成長のきっかけをくれた関西国際大学に入学してよかったと思います。


  私の目標は会社の経営者になること。就職後は自分の軸がぶれないように、常に目標を掲げ、日々楽しみながら充実した毎日を送りたいです。そしていつか自分が起業した会社を中心に、世界中のたくさんの人にポジティブを与えられる人間になりたいと思います。

bar_wing.gif

黒崎さん
学科の様々な学びから、
柔軟かつ構造的な思考力が身につきました。


 私はゼミでマーケティング研究に取り組んでおり、さまざまなヒット商品や企業を参考に戦略やその仕組みについて学びました。特にホスピタリティをサービスや商品に具体化するブライダルビジネスを事例として、顧客ニーズの変化から市場機会の分析、ターゲティング、そして戦略策定等を行いました。また市場の変化を考慮した新企画を発案し、プレゼンテーションを行った経験から、柔軟かつ構造的な思考力を得ることができました。このような学びが面接を優位に進め、内定に繋がったと思っています。


 就職活動には視野を広く持ち、様々な人から情報を得るという経験が大事だと感じました。積極的に質問をし、関わりを持つことで会社説明会やウェブでは知り得ない情報を知ることができ、企業選びの参考になりました。最初は何をしたらいいか分からない状況だと思いますが、視野を広げて活動していけば進みたい方向性が見えてくると思います。


 入社後は積極性を持ち、いち早く会社の戦力として活躍したいという思いがあります。また、金融機関は人々が安心して生活を送る基盤でもあります。仕事に責任感を持ち、信頼を得られる人間になりたいと思います。

bar_wing.gif

渡慶次さん
主体性や問題解決能力が身につき、
自分の発言に自信が持てるようになりました。


 もともと食べることが大好きで、インターンシップなどで様々な業界を知る中で、強く興味を抱いたのが食品業界でした。企業選びで重視したのは、①企業理念と自分の考えが合っているか、②自分の性格的に仕事内容が辛くないか、③将来的に働き続けられるか (地元に帰る・子育て等の可能性)、以上の3つでした。


 本学での学びは主体性や問題解決能力等の思考力が身につくため、自分の発言や思考に自信を持つことができ、積極的に就職活動ができたと思います。また想像以上の手厚いサポートにより、「何をしたらよいか分からない」という不安を抱くことがなく、自分の将来と全力で真剣に向き合うことができました。
 実際の就職活動の中で感じたことは、「計画性」の大切さでした。就職活動中はアンテナを張り巡らせて、情報をかき集めて下さい。人に頼ることも大切です!


 学生生活とは違い、これからは判断力が大切になってくると考えています。その判断力を高めるため、様々な価値観に触れ、多角的な視点を今のうちから身につけていきたいと思います。

bar_wing.gif

野久保さん
グローバルスタディはなりたい将来像や
目標へのキッカケ作りになりました。


 私が商社業界を志望した理由は、「仕事の幅広さ」に圧倒的な魅力を感じたからです。また就職活動中に出会った商社志望の学生や、商社マンの方々の仕事に対するバイタリティに衝撃を受け、何としてでも商社業界に属したいと強く考えるようになりました。

 関西国際大学が実施しているグローバルスタディは、なりたい将来像や目標に対してのきっかけ作りになったと感じています。グローバルスタディで訪れたアメリカで実際に見た物や感じた事は、私自身の価値観を大きく変える学びとなりました。更にそこで得た学びを就職活動に生かしたいと思い、キャリアサポート室へも頻繁に足を運びました。キャリアサポート室では学生に合った企業選びや自己分析、自己PR等、様々なサポートを全面的に行なっています。職員の方々に温かいご指導を頂いたことが内定に結びついた要因ではないかと思います。

 残りの学生生活の中で、同期入社の学生に負けないよう準備するのと同時に、一つでも多くの学びを得られるよう毎日過ごしたいと思います。そしてビジネスマンとして一人前になった際には、世界中に存在する新興国に対して、持続可能な社会的価値の高いビジネスの仕組み作りを成し遂げたいと考えています。

bar_wing.gif

堀川さん
面接練習の中で伝えたいことが明確になり、
ありのままの思いを伝えることができました。


 生まれ育った場所の発展や貢献活動に積極的に携わりたい。地元の事業を元気にする手助けをすることで、地域の発展や貢献につなげることができる金融機関の働きを知り、ここでなら「地元のために何かをしたい」という私の思いを実現することができるのではないかと思い、信用金庫を選びました。

 キャリアサポート室の皆さんには、エントリーシートの添削から面接練習、また就職活動がうまくいかない時の相談など、あらゆる面から支えていただきました。特に面接練習では、受ける企業の何次面接であるか、どのような質問がくるのかを想定した質問を投げかけてくれたので、私自身が企業に対して何を1番に伝えたいのかが明確になり、本番ではありのままの思いを伝えることができたように思います。

 大学で様々な企画やプロデュース活動を行った経験を生かし、入社後は地域イベントの担当などもやってみたいと思っています。幅広いネットワークを活用し、信用金庫を軸とした地域活性プランの企画に挑戦できるような人材になれるよう頑張っていきたいです。

bar_wing.gif

宿院さん
価値観を変えた海外旅行。
学生生活での経験に自信を持って頑張ってください。


 私は大学の長期休暇の度に海外へ旅行し、様々な国籍の人に出会ってきました。違う文化や考えを持って生きている人達と一緒に過ごすことで、価値観や考え方が大きく変わりました。もちろんトラブルもありましたが、これらの出来事は良い経験として私を大きく成長させてくれたと感じています。また、私は将来、海外の方を対象とした宿泊施設などを起業したいという夢も持っています。そこで、お金について学べること、なにより人が好きなことから、お客様と深く付き合うことができる証券会社、保険会社の営業職を希望しました。

 企業は大学名や成績よりも、個人の性格や、学生時代に何をし、何を学び、それをどう企業で生かせるかを把握した上で、自分の言葉で簡潔に説明できる学生を欲しがっているのだと思います。常に自分の経験に自信を持ち、自分の言葉で話せたことが、大企業を含め、たくさんの内定をいただけた理由だと思っています。

 今は保険について何も知らないですが、一歩ずつ確実に幅広い知識と経験を積み重ね、社会で通用する実力を身につけていきたいと思います。そして目標である起業に向け、一日でも早く実現できるよう日々努力し、頑張っていきたいと考えています。

bar_wing.gif

山口さん
地域貢献活動から、「笑顔」と「ありがとう」という
言葉の大切さを学びました。


 私は今まで、部活動や生徒会活動等でボランティアや地域貢献活動を行ってきました。その経験を通して学んだ事は、地域の方々の大切さ、「笑顔」と「ありがとう」という言葉の大切さです。将来、自分自身の経験を生かしてどんな仕事がしたいかと考えたときに、手を取り合いながら地域活性に協力し、「笑顔」と「ありがとう」を共有しあえる仕事は何かと考え、就職先を選びました。


 大学生活では、ただ単位を取るだけで終わるのではなく、自宅で繰り返し勉強する姿勢を身につけました。また部活動では、軟式野球部のキャプテンとして、限られた時間で練習し、試合で勝てるチームに導けるように努力しました。もちろん困ったときは、大学の職員の方や先生方が支えてくださり、苦のない大学生活を送れたと思っています。

 最終的な目標は、努力を重ね昇格し、誰からも尊敬される社会人になることです。すぐに自分の力で大活躍できるなどありえません。まずは人としての礼儀や仕事内容を理解し、基本を抑え、コツコツ勉強していくしかないと思っています。そしていつか「笑顔」と「ありがとう」を町に広められる職員になりたいです。

bar_wing.gif

教育学部 教育福祉学科

教育学部 英語教育学科

人間科学部 経営学科

人間科学部 人間心理学科

ページTOPへ

MY CAREER

キャリア・就職

資格取得

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.